top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

秋台風で想定される被害の特徴として誤っているものはどれ?

防災ニッポン

A)暴風による農作物の被害

B)干潮による浸水

C)大雨による土砂災害

 

答えは次のページへ!

答え:B

広告の後にも続きます

干潮ではなく、「高潮による浸水被害」が想定されます。貴重品や濡れてほしくないものをあらかじめ2階に移動させるなど、対策をとっておきましょう。

また、実りの秋と呼ばれる季節だからこそ、農作物への被害も考えられます。台風が強まると作物の状況が気になりますが、暴風雨の中で外へ様子を見に行くのは大変危険ですので、控えるようにしてください。台風が来たときに慌てずに済むよう、普段からしっかりと暴風対策をしておくことが大切です。

暴風は停電を引き起こすこともあります。2019年9月に上陸した台風15号では、暴風による停電が長期化し、最も被害が大きかった千葉県では、停電がほぼ解消するまで約280時間かかりました。そういったケースを想定して、定期的に備蓄品をチェックしたり、冷蔵庫の中を整理したりするとよいでしょう。

(参考記事)
【気象予報士が解説】秋の台風はここに注意!

〈執筆者プロフィル〉
nagi フリーランスライター

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(くらし)

ジャンル