top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

サッカー長友選手が注目する次世代のタンパク質は、かまぼこ!? 魚肉が超優秀な理由

パラサポWEB

さて、みなさんは最近かまぼこをいつ食べただろうか? 蕎麦店の定番のつまみ“板わさ”。コンビニなどで購入するお弁当のおかず。正月のおせちで食べたという方もいるかもしれない。そんなかまぼこが、タンパク質を効率的に得られる優れた食べ物として今アスリートの熱い注目を浴びている。長友佑都氏をはじめとする著名アスリートとコラボして、魚肉タンパク質のメリットを発信するなど、業界をリードするかまぼこメーカーの老舗・鈴廣かまぼこ(以下、鈴廣)にお話を伺った。

高タンパクでしかも低脂質の魚肉

スポーツをするなら、筋肉を作ったり疲労の回復を促進したりするタンパク質の積極的な摂取が大事であるのは、今や常識。そしてタンパク質といえば肉。最近では脂質が少なく、カロリーも低い鶏のむね肉を食べやすくした“サラダチキン”も人気だ。しかし、さらにすぐれた“タンパク源”があることをご存じだろうか。それは魚肉。タンパク質を構成するアミノ酸の含有量が多い上、消化率が高く身体に吸収されやすい。トレーニングの前後に摂取すると、筋肉の素早いリカバリにも効果を発揮するという。

【畜肉と魚肉の栄養成分】

「グラフを見ていただくとわかるように、牛肉や豚肉、鶏肉といった畜肉は、半分ぐらいが脂質です。一方魚肉のタンパク質の割合は非常に高く、脂がのっているといわれるブリで脂質は半分ぐらい。高タンパク・低脂質というのが魚肉の大きな特徴です」

と語るのは、鈴廣が運営する魚肉たんぱく研究所の所長・植木暢彦氏。研究所ではかまぼこの品質向上はもちろんのこと、未利用魚の有効活用、魚肉タンパク質・ペプチドの健康機能性解明など様々なテーマで基礎研究を行っている。

スケトウダラの成分(水分込み)。タンパク質の割合が大きい

広告の後にも続きます

「もともと魚が身体に良いというのはよく知られていて、血栓を固まりにくくする成分、EPAやDHAという高度不飽和脂肪酸が魚の脂質に含まれているのが理由です。ただ、脂質の含有量は必ずしも高くはなく、上のグラフにあるスケトウダラでは脂質の占める割合は1%であるのに対して、魚肉の主要成分であるタンパク質は17%も含まれています。魚肉の大部分を占めるタンパク質にも何か良い成分があるだろうと調べていくと、血栓を溶かす作用があるということが最近わかってきました。つまり魚をまるごと食べれば身体に良い影響を及ぼすということなんです」(植木氏)

さらに、かまぼこの原料となる魚のすり身は、簡単に言えば魚肉を大量の水で洗うという工程があり、そこで余分な脂質などが排除され、かまぼこは“ほぼタンパク質”という状態になるのだそう。良いことずくめだが、さらに消化の面でも大きな特徴があると言う。

「タンパク質を摂取すると体内でまずペプチドというアミノ酸が数個から数十個固まった状態になり、それが1個1個のアミノ酸に分解されて吸収されていくのですが、そこまででだいだい3~4時間かかります。この時間が速くなれば消化吸収がいいということになるし、遅くなれば腹持ちがいいということになりますね。この消化時間を計るために実験をしました。人工の胃液に板かまぼこ、揚げかまぼこ、焼き肉、サラダチキン、ゆで卵をそれぞれ立方体に切って入れると、かまぼこが消化されて小さくなっていくのが非常に速いということがわかります。つまり胃への負担が軽いので、栄養を速効で吸収したいアスリートには有効だと言えますね」(植木氏)

これらの食品は、従来のアミノ酸スコアの数値はほとんど変わりないが、消化性必須アミノ酸スコア(DIAAS)を比較すると違いが表れる

タンパク質を構成する栄養素であるアミノ酸に関して、従来は食品にどれだけバランス良く含まれているかを表す“アミノ酸スコア”という評価が主流だった。しかし近頃では、消化性も加味した“消化性必須アミノ酸スコア(DIAAS)”という数値が脚光を浴びるようになっているという。その点でも評価の高い魚肉、タンパク質の塊とも言えるかまぼこにアスリートは注目した方がよさそうだ。

消化吸収が良いので、いつでもどこでも食べられるというメリット

プロサッカー選手の長友佑都氏が「鈴廣かまぼこ大使」に就任し、「魚肉たんぱく同盟」プロジェクトを牽引するなど、鈴廣がアスリートの食を支える食材としてかまぼこをアピールするようになったのには、実は同社のスポーツとの深い関わり合いがある。

「鈴廣の経営陣の先祖に大相撲の横綱がいた関係で、長く大相撲のスポンサーを続けていたり、小田原にある“鈴廣かまぼこの里”の敷地の一部が箱根駅伝の小田原中継所になったりと、昔からスポーツ文化とは近かったんです。それにあわせて鈴廣は、美味しいかまぼこを作っていく意味合いや理由を、1本の板かまぼこには実に約7尾の魚が使われていることなどを絡めて、ずっと発信し続けてきました」

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル