top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

無印良品から非常食が新発売!味は?使い勝手は?

防災ニッポン

無印良品から新たに非常食(備蓄用食品)が4種類発売されました。おなじみの無印良品、いつもの買い物のついでに非常食を買い足せるのはうれしいですね。今回は実際に食べてみて、味や使い勝手をリポートします。

こちらの記事もおすすめ!→非常食で親子3人1日過ごしたら…あったらイイナがわかった

新発売の備蓄食品は4種類

2023年8月23日に発売された、無印良品の常温・長期保存が可能な食品4種類はこちらです。

・備蓄ごはん 白米
・1/3日分の野菜を使ったかぼちゃスープ
・1/3日分の野菜を使ったトマトスープ
・備蓄おやつ チョコようかん

主食・おかずにもなる汁物・お菓子というラインナップ。非常食をこれから揃えるという方は、まずはこの4商品を試してみてはいかがでしょうか。

備蓄ごはん 白米

広告の後にも続きます

こちらは水やお湯を入れて戻すアルファ米です。内容量80g・できあがり208g。1袋税込み390円で購入しました。賞味期限は製造から4年です。
パッケージの裏側を見てみると、「尾西食品株式会社」の名前を確認できました。アルファ米の製造メーカー大手の尾西食品が製造しているようです。尾西食品から販売されているアルファ米「100g尾西の白飯」(出来上がり量260g)より1パックあたりの内容量が少ないのですが、無印版のほうが一度に一人で食べきりやすい量ですね。

作り方は、一般的なアルファ米と変わりません。パッケージを開けて品質保持剤とスプーンを取り出し、内側の線まで水かお湯を注ぎ入れ、かき混ぜて封を閉じます。水の場合は60分、お湯の場合は15分待つだけで完成です。今回はお湯を注いで作りました。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(くらし)

ジャンル