top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

熱中症患者が急増する暑さ指数は?

防災ニッポン

A)25以上

B)28以上

C)31以上

 

答えは次のページへ!

答え:B

広告の後にも続きます

暑さ指数(WBGT)は気温、湿度、輻射熱(ふくしゃねつ=※)の3つから算出されます。熱中症になる危険性を示す数値として、環境省の熱中症予防情報サイトで提供されています。
数値が高いほど熱中症になる危険性が高まり、28を超えると熱中症患者が急増するというデータも。さらに31以上になると、高齢者は安静状態でも熱中症になる可能性があるほど危険だそうです。各気象会社でも暑さ指数に基づいた情報が発表されており、気象庁と環境省からは、暑さ指数が33以上になると予測された場合に「熱中症警戒アラート」も発表されます。
気温だけでなく暑さ指数にも注目して、熱中症対策を万全にしたいですね。

※輻射熱は、日射しを浴びたときに受ける熱や、地面からの照り返し、建物、人体などから出ている熱です。温度が高い物からはたくさん出ます。(引用:環境省「熱中症予防情報サイト」―「暑さ指数について学ぼう」

詳しくはこちらの記事をご覧ください!
熱中症は「梅雨明け前後」が特に注意!

 

〈執筆者プロフィル〉
ムギ
フリーランスライター

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(くらし)

ジャンル