top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

クレイトスは”究極の不器用で優しいお父ちゃん” 声優・三宅健太が『ゴッド・オブ・ウォー ラグナロク』主人公に感じた、子を持つ父としてのシンパシー

Real Sound

三宅健太氏(写真=高橋健)

 2022年11月9日、「ゴッド・オブ・ウォー」シリーズの最新作である『ゴッド・オブ・ウォー ラグナロク(以下、ラグナロク)』が発売された。北欧神話における終末の日を題材とした同作はアクションゲームとしての完成度もさることながら、重厚なストーリーなどにも注目が集まっている。

参考:【写真】『ゴッド・オブ・ウォー ラグナロク』について、ときには静かに、ときには熱く語ってくれた三宅健太氏

 今回は『ラグナロク』および前作『ゴッド・オブ・ウォー』で主人公クレイトスを演じた声優の三宅健太氏から、作品についての話を聞くことができた。(編集部)

――今作のクレイトスを演じるにあたり、やりがいを感じた点や、楽しかったところは?

三宅:前作から声を担当させていただいてるのですが、そもそも、クレイトスを演じること自体がやりがいですね。今作の『ラグナロク』に関しては、自分の父親としての気持ちにすごくシンクロするところが多々あって、演じているというよりは、その立場を使わせていただいてパーソナルなところをすごく出せているという感覚です。

広告の後にも続きます

――三宅さんにもお子さんがいらっしゃいますが、クレイトスと父親としての自分が重なるところがおありなんですね。

三宅:そうですね。2作通じても「やっぱり息子とぶつかるんだな」っていう。しかも息子であるアトレウスはどんどん成長していて、自分の運命や進むべき道を見つけて自我に目覚めていくので、本当に自分の子どものように感じます。仕事中でも、息子を見続けてるような気持ちになりますね。

――そういった気持ちを特に強く感じるのは、どんなときですか。

三宅:やはりアトレウスとの会話ですね。クレイトスはアトレウスになにかを言い聞かせるとき、彼の頭をスッとつかむんですよ。「有無は言わせないぞ。いいから聞けよ」っていう力づくの不器用さが全開に出てて。でもだいたいそういうときは困ってるんです。「なんで聞いてくれないの! パパの言うこと聞いて!」って(笑)。一方で、自分から彼の頭をスッと持っていって、「大丈夫だ、大丈夫だ」と優しく包み込むこともあるんです。そういうちょっとしたやり取りの違いなんかが、実生活の息子とのやり取りとも重なりますね。

――では、逆にクレイトスを演じている中で難しかったり、苦労された点はどんなところでしょうか?

三宅:クレイトスが言葉で相手を説得しようというキャラクターではないので、本来伝えるべきことも言葉ではあえて伝えなかったり、 伝えられなかったりするところがありますね。自分の心の中では爆発させている大きい感情と、表面に出すワードの少なさにすごくギャップがあって、その相反するエネルギー量をどう表現して、1つにまとめるかは毎回苦心します。「ウワッ!」って叫んでいれば、その強さや勢いに乗せていくらでも大きくやっていけるんですけど、クレイトスはそうではないので。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル