top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

5分でわかるグリズリーの生態!!ホッキョクグマとの関係性とは?

ホンシェルジュ


クマといえば地上生物において最強とも言われる大型哺乳類です。凶暴なイメージもあるクマですが、今回は世界的にも有名なグリズリーの生態とグリズリーに関連する書籍を紹介します。

グリズリーの特徴は?

クマは世界に8種類が分布していて、グリズリーは主に北アメリカに分布していて、森林や自然が豊かな場所に生息します。

 

グリズリーは正式な名称ではなく、「ハイイログマ」が正しい呼び名です。

ヒグマの亜種とされ、日本に生息するエゾヒグマと近縁とされています。

 

広告の後にも続きます

ヒグマの特徴として筋肉質の肩のコブと、木の根や穴を掘るのに役立つ長い爪を持っています。 後ろ足で立つことができ、餌を見つけたり、危険がないか周りを見渡したり、威嚇として体を大きく見せるのに役立ちます。視力と聴力は人間ほどですが、嗅覚は非常に優れており3km以上先の腐った死体のにおいを嗅ぎ付けることもできるといいます。

 

 

肉食のイメージがあるグリズリーは、カロリーの高い食べ物を好み、もちろん魚や鹿を食べますが、実は75%の食事は木の実、ナッツ、そして葉等の植物からです。人間を襲うのは子供に危険を感じた時だけで、本来は人間に対しての警戒心が強い生き物です。

 

グリズリーは英語で「グリズル」という言葉から由来しており、毛先が灰色、白と暗色の混じりあった毛という意味があります。北米では、内陸で生活する種をグリズリー、沿岸で生活する種をヒグマ と呼ぶことが多いようですが、ヒグマと区別する明確な基準はないみたいです。

  • 1
  • 2