top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

車いすラグビー国内クラブチームの台風の目は?

パラサポWEB

日本代表が世界ランキング1位の車いすラグビー。国内のシーンでも激化するクラブチームの争いにファンは沸き立っている。

9月3日と4日、渋谷区スポーツセンター体育館で行われた、渋谷区長杯第5回車いすラグビー大会(日本選手権予選 東京大会)。国内9チームのうち3チームが出場し、日本選手権への切符をかけて争った。

期待の10代選手が存在感

出場した3チーム、TOHOKU STORMERS(東北)、AXE(埼玉)、Okinawa Hurricanes(沖縄)はいずれも若手を擁し、選手数が約80人の日本車いすラグビー界において、世界で戦う選手底上げの重要な原動力となってる。

なかでもAXEの青木颯志は渋谷区長杯の個人賞(ミドルポインター選手賞)を受賞する活躍。車いすツインバスケットボール経験があり、車いすラグビー歴1年の新人ながら車いす操作技術に長けている。

「試合の締めの部分を青木選手に任せる。それだけヘッドコーチも彼に期待している」とベテランの岸光太郎が語るように、チームメイトたちがバックアップする17歳はAXEの柱となりうる存在だ。

高校生の青木は堂々としたプレーでコートを駆け抜ける

広告の後にも続きます

昨年、日本選手権予選(※本戦は中止)埼玉大会でデビューしたときから、飄々とした顔つきでトライを重ね、気持ちの強さも感じさせる。

「スピード、パワー、パスの正確性を磨き、オールラウンダーになりたい」と目を輝かせる青木。同じチームかつ同じ2.0クラスの羽賀理之を目標にし、育成合宿などで基礎を学びながら、将来的にパラリンピック出場を目指す。

若手とベテランの融合が進むAXEだが、試合は4戦全敗と振るわず、12月開催予定のプレーオフへ進む。「チームとして学びも多かった。プレーオフでしっかりと日本選手権切符を取って、日本選手権ではあわよくば勝ち進めるようにしたい」と岸。試合数の分だけ経験値を高めて上位をうかがう。

表彰式で「緊張した」と胸の内を明かした奥原をチーム全体が盛り上げた

渋谷区長杯優勝のOkinawa Hurricanesにも秘蔵っ子がいる。今大会が試合デビューとなった17歳の奥原悠介。中学2年でこの競技を始め、まだ体の線は細いが、クラスは最も状態のいい3.5Rに。アグレッシブにコートを駆け回ると、3日のAXE戦で初得点を決めてチームメイトに向かってガッツポーズ。ベンチも一気に沸き上がった。

「若い選手が戦力になってくれた。そのおかげで、ベンチで休む時間ができ、コートでしっかりプレスをかけることができた」とは、キャプテンの若山英史。さらに、若手がコートに送り出された場合でも、ケガで出場できない日本代表強化指定選手の壁谷知茂がベンチにおり、的確な指示を出したことで時間管理もうまくいった。

日本代表でもある若山は静岡に拠点を置きながら、沖縄のチームに所属する

パラリンピック4大会出場の仲里進も新人を盛り立てる一人だ。昨年は、コロナ禍でチームとして大会への出場を取りやめただけに、「やっとデビューさせてあげられてよかった」と胸をなでおろした。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル