top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

日本初のトップリーグ「LIGA.i ブラインドサッカートップリーグ2022」開幕節レポート

パラサポWEB

×

ブラインドサッカー(パラリンピック競技名:ブラインドフットボール)国内初のトップリーグ「LIGA.i ブラインドサッカートップリーグ2022」は7月18日に浜松アリーナ(静岡県浜松市)で開幕した。

「ブラインドサッカーは新しいステージへ」。塩嶋史郎理事長が挨拶

「LIGA.i(リーガアイ)」は、日本ブラインドサッカー協会が、競技力の向上やクラブ運営の基盤強化を目的に、今年から新設。全国4つのクラブチーム(埼玉T.Wings、free bird mejirodai、パペレシアル品川、buen cambio yokohama)による、全3節の総当たりで優勝を決める。

男女日本代表のエースがゴールで魅せた!

開幕節では公式戦2試合が行われ、「パペレシアル品川」と「埼玉T.Wings」がそれぞれ1勝を挙げた。

開幕ゲーム。序盤からフィジカルで勝る「buen cambio yokohama」が攻勢だったが、パペレシアル品川が少ないチャンスをものにした。

屋外ではなく体育館が会場だった。「湿度が高い時期だったこともあり、ボールコントロールが難しかった」と川村

後半3分に歴史的初ゴールを決めたのは、東京2020パラリンピックで日本代表キャプテンを務めた川村怜(パペレシアル品川)だ。

広告の後にも続きます

「いつももっと多くの人に見てもらいたいと思ってプレーしている。日本代表として、生で最高のパフォーマンスを見ていただきたい思いだったし、歴史的ゴールが決められて嬉しい」

この日は盟友・佐々木ロベルト泉を欠いた状態で戦った。相手の接触をかわすためにボールを保持してドリブルする時間も短くなかったが、「フィールドにいる4人とGKの計5選手がパスをつなぐなど連動して動く。それが国内クラブのトップレベルのプレー」と仲間を称え、胸を張った。

1月の日本選手権、2月のKPMGカップに続き、三冠を狙うfree bird mejirodai。園部優月が先制ゴールを決めたが……

一方、女子の最強プレーヤーとして名高い菊島宙(きくしま・そら/埼玉T.Wings)も負けてはいない。

4人がかりで菊島を抑え込む「free bird mejirodai」をかわし、豪快に2得点を決めて埼玉T.Wingsを勝利に導いた。

女子の最強プレーヤーとして名高い菊島。今節はトーキックで2点をゲット

「いつもは子どものころから練習してきたインステップシュートがメイン。でも、今日は(相手GKにシュートのタイミングが読まれにくい)トーキックをメインにする工夫をした」とゴールの裏側を明かした菊島。「男子日本代表が多く、強度の強い相手。吹っ飛ばされたりしたが、なんとか2点が取れてよかった」と笑顔をにじませた。

観客席をどよめかせた川村と菊島は、それぞれ「Player of the Match」を受賞。クリスタルトロフィーが贈られた。

有料試合はレベルが高い試合を見せなくてはいけないプレッシャーもあるが、観客が「SNSで発信したいと思うようなプレーを見せたい」と菊島
  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル