top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

ちょんまげ頭で面接に合格!令和を生きる侍「とりにく」さんに話を聞いてみた

おたくま経済新聞

 ちょんまげと言えば、多くの方が江戸時代の男性にみられた髪型の一種と認識しているかと思いますが、なんとこの令和の世にも、ちょんまげ頭の侍が存在したもよう。彼の名前は「とりにく」さん。

 決してコスプレではなく、日常的にちょんまげ頭で過ごしており、先日はなんとその頭のまま飲食店のアルバイトにも採用が決定したとのこと。Xで大きな注目を集めたとりにくさんに話をうかがってみました。

【元の記事はこちら】

■ 和服好きが転じてちょんまげを結うように

 とりにくさんのXプロフィールを見てみると、アイコンはにこやかに笑うとりにくさん本人の写真が使われています。もちろん髪型はちょんまげで、和服着用、タイムライン上もその姿であふれかえっている等、本当にちょんまげを愛してやまない様子。

広告の後にも続きます

 いったいちょんまげの何にここまで惹きつけられたのかをうかがうと「実のところそこまで深い理由は無く『ただの髪型と思っている』『やりたいからやった』にとどまってしまいます……」との回答が。とりにくさんにとって、この姿はごく自然なことであるようです。

 そのうえで、「あえて掘り下げるならば」と語ってくれたのが、「元々趣味が古かった」というエピソード。「日本人なら一着くらいは和服を持ちたい」という思いから、5年ほど前より日常的に着物を着用するようになり、伸びた髪を殿様風にまとめてみたところ「そうか!ちょんまげにすればいいんだ!」と閃いたのだそう。

 それから力士のような剃らないちょんまげ(総髪)を結っていましたが、頭の形に微妙に合わず。トップのボリュームを抑えれば、相対的に奥行きのあるシルエットになると気付いたことから、以降剃髪するようになり、現在の髪型で落ち着いたそうです。

■ 沖縄料理店に採用決定 もちろんちょんまげのまま勤務

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル