top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

『MIRRORLIAR FILMS Season7』で加藤浩次が初監督、加藤シゲアキが2年ぶりに監督に挑戦

Real Sound

(左から)加藤浩次、加藤シゲアキ

 2025年5月公開予定のオムニバス映画『MIRRORLIAR FILMS Season7』に収録されるショートフィルムを、加藤浩次と加藤シゲアキが監督することが決定した。

参考:『MIRRORLIAR FILMS Season6』で小栗旬が13年ぶり、浅野忠信が15年ぶりに監督に挑戦

 『MIRRORLIAR FILMS』は、クリエイターの育成発掘を目的とする短編映画制作プロジェクト。2021年~2022年公開のSeason1~4では「変化」をテーマに、俳優、映画監督、漫画家、ミュージシャンなどが監督した36本のショートフィルムが発表された。Season5~8では、「企業版ふるさと納税」の制度を活用した行政の地域振興事業として、撮影支援やワークショップ、上映会が行われるなど、映画製作を通して地域の魅力発見や人々の交流を生み出していき、地方創生に寄与していく。

 秋田県秋田市でプロジェクトを実施した Season5、6では、竹中直人、漫画家の大橋裕之、小栗旬、浅野忠信らが監督を務めた。続いて、愛知県東海市で実施するSeason7では、2025年5月1日開館予定の、建築家・隈研吾設計の新施設「東海市創造の杜交流館」のオープニング作品として、加藤浩次、加藤シゲアキが監督を務めるショートフィルム2作品が制作される。

 Season7にて監督を務める加藤浩次は初監督、加藤シゲアキはショートフィルム『渋谷と1と0と』(2022年)に続く2本目の監督作品となる。

広告の後にも続きます

 あわせてコメント動画も公開。加藤浩次は「僕自身、ずっと映画は好きでずっと見ていましたが、ショートフィルムを監督するのが自分なんかで大丈夫なのかなと思ったんですけど、やるとなったら、東海市の皆さんに協力を得ながら、精一杯、脚本も監督も自分でやろうと思っています」と初監督への意気込みを語っている。

 一方、本作が2作目の監督作となる加藤シゲアキは、「どんな作品を作るのかはまだ具体的には決め切れていないのですが、東海市と一緒にやるからという、ならではのものができればと、それこそ、加藤シゲアキならではのもの、今から必死に知恵を絞って考えていきたいなと思っておりますし、見ていただいた方、撮影に関わった現場、全ての方が、やってよかった、見てよかったと思えるような現場づくりを目指し、いい作品を届けて参りたいなと思います」とコメントを寄せた。

 あわせて、建築家の隈研吾、愛知県知事の大村秀章からもコメントが到着している。

コメント 
加藤浩次(監督)
今回東海市でショートフィルムを撮ることになりましたけれども、ちょっとびっくりしました。僕自身、ずっと映画は好きでずっと見ていましたが、ショートフィルムを監督するのが自分なんかで大丈夫なのかなと思ったんですけど、やるとなったら、東海市の皆さんに協力を得ながら、精一杯、脚本も監督も自分でやろうと思っています。ロケも当然、東海市でします。もし、これから僕が東海市でロケしていたら、皆さん、気軽に声をかけてください。あの、本番中は静かにしてください!笑
どんな作品になるかというと、今ちょっと考えているのは、ワンシチュエーションでやるかどうかは分かりませんが、ひょんなことから、いろんなことが巻き込まれて、いろんな人の人生が変わっていくようなショートフィルムを考えています。
今回、隈研吾さんが設計なされた新施設でお披露目ということで、ちょっと本当に緊張はするのですが、頑張って作りたいと思いますので、皆さん、応援、よろしくお願いします。また、会いましょう!
※動画コメントより抜粋

加藤シゲアキ(監督)
私は普段、NEWSというグループでアーティスト活動をしていますと同時に、小説家としても10年以上活動をさせていただいております。
たくさん物語は作ってきたので、そういったご縁から、今回、ミラーライアーフィルムズにお声がけいただいたのかなと思っておりますが、小説と連動して以前、ショートフィルムを撮ったこともあるので、今回が2度目の短編映画の監督という形になるかと思います。
今回、愛知県東海市と一緒に組んでやるということや、隈研吾さんの新しい施設で公開してもらえるということで、すごく光栄な機会に恵まれて、2025年のことではありますが、今からワクワクしております。
どんな作品を作るのかはまだ具体的には決め切れていないのですが、東海市と一緒にやるからという、ならではのものができればと、それこそ、加藤シゲアキならではのもの、今から必死に知恵を絞って考えていきたいなと思っておりますし、見ていただいた方、撮影に関わ
った現場、全ての方が、やってよかった、見てよかったと思えるような現場づくりを目指し、いい作品を届けて参りたいなと思います。
貴重な機会をいただき、ありがとうございました。来年、作品を見てもらえる日を楽しみにしております。
※動画コメントより抜粋

隈研吾(建築家)
歴史ある地域と新しい世代を繋ぐ、大きな道が通る建築をつくりました。
映像文化の新しい道となる挑戦的な枠組みの中で、見たことのない作品が生まれることを楽しみにしています。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(映画)

ジャンル