top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

『青い魚』で映画監督デビュー。ベルリン国際映画祭の常連だった中川陽介監督が、沖縄に移住。『真昼ノ星空』以来14年ぶりの長編作品『コザママ♪うたって!コザのママさん!!』でスクリーンに帰ってきた。その心境とは?

cinefil

舞台となった沖縄にて昨年10月に先行上映――今年に入っても劇場を移しながらロングランを記録していた音楽映画『コザママ♪うたって!コザのママさん!!』がいよいよ本島を飛び出し、拡大公開される運びに。監督したのは東京生まれ、現地在住の中川陽介だ。この名前を目にするや「あっ!」と気づいた方もいるだろう。鈴木京香、ワン・リーホンがメインキャストの『真昼ノ星空』(04)や、長澤まさみ主演の『群青 愛が沈んだ海の色』(09)などの“沖縄ムービー”をかつて発表、『コザママ♪』は14年ぶりの長編作となる。

「思いきって東京を離れ、家族と共に移り住んでからもちょうど14年目となります。これまで手がけた映画はすべて、大好きな沖縄で撮影してきたのですが、東京にいた頃は街や風景の捉え方がどこか、作品の“借景”めいた感覚であったような。一度は映画をやめる決心をし、地に足をつけて農業をやるために新天地へ飛び込み、今に至っているのでそのあたりの意識がまったく変わりましたね」

中川陽介監督

沖縄本島の南に位置する糸満市でハルサー(畑を耕す人)になり、時間をかけて農家を生業としつつ、ブランクを経て2020年から短編映画に数本取り組み、そうして遂に長編へ。「沖縄市」の歓楽街、通称「コザ」の寂れてしまった銀天街でバンドを再結成しようとする女性たちの物語である。

「シャッター通りを立て直したいと、代替わりした銀天街の理事長さんに相談されまして。よくある街興しのイベントではなく文化の力、例えば映画で何か出来ないかなあ、と。そうやって始まったプロジェクトです。ポジティブな現状面では、女性陣が一所懸命、潰れた商店を開けようと頑張っていたり、共働きやひとり親の子供たちに食事を用意し見守っている喫茶店Cafe NooRの存在を聞いて、これらをそのまま映画にしたらいいと思ったんですね。さらに銀天街の人々を取材していくうちに、最初は作り物っぽい話がどんどんリアルになっていきました」

広告の後にも続きます

それでも映画のスタイル自体は、エンターテイメントの王道だ。高校時代にR&B(リズム&ブルース)のバンド「銀天ガールズ」として一世を風靡した4人がアラフォー世代となり、酸いも甘いも嚙み分けた「銀天ママさんズ」として再度音楽に臨み、銀天街の復興を目指してゆく。演じたのは沖縄出身の次の4名、演劇界を中心に活躍する上門みき、畠山尚子、プロの現役ドラマー・新垣美竹、それから人気シンガーソングライターのjimamaだ。

「東京からスターを連れてくる、というやり方もありますが、それはこの映画にはそぐわない。音楽経験者である2人と、那覇の小劇団にこまめに足を運んで選んだ2人に出てもらいました。その上門さんのキーボードと畠山さんのベースは当て振りでしたけど、教えてくださるプロのスタジオミュージシャンにお願いしたんです。『とにかく完璧なパフォーマンスに見えるようにしてほしい』と」

本作の要、劇中の全オリジナルナンバーを作編曲したのは盟友、沢田穣治である。ブラジル音楽の室内楽トリオ「ショーロクラブ(Choro Club)」の一員として知られ、中川監督とは(これもバンド映画であった)『Fire!』(06)以来続くタッグとなる。

「珍しい映画じゃないですかね。最初に脚本(山田優樹との共同)と音楽が全部完成していたんです。シナリオを書きながら、並行して複数の楽曲を作ってもらいました。実は執筆中に、僕の頭の中で銀天ガールズの持ち歌として鳴っていたのは、もっとコテコテのR&Bだったんですよ。それが例えば70年代のThe Crusadersのようなクールなジャズファンク寄りになったのは、沢田さんの指摘から。曰く、女子高生たちがいきなり、Aretha Franklinを演らないでしょう、って。彼と築き上げてきた信頼関係は大きいです。出会いは『Fire!』よりも前で、加藤登紀子さんの次女の、シンガーソングライターのYae(ヤエ)さんのPVを僕が撮った時、バックバンドがショーロクラブで沢田さんに『中川さんですか? 監督デビュー作の『青い魚』(98)、観ましたよ』と声をかけてもらいまして! あれは嬉しかったなあ〜」

音楽がセリフと同等以上の意味を持つ映画だが、中川監督は曲の全歌詞も担当。主人公たちだけでなく「銀天ママさんズ」の命名者、商店街の理事長だって染み入るナンバーを披露するのだ。1970年末のコザ暴動を歌った「燃える街」。理事長役、ミュージシャンのジョニー宜野湾がエレキを抱え、ブルースを弾き語る。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(映画)

ジャンル