top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

知られざる孤高の女性監督 日本劇場初公開【ニナ・メンケスの世界】

cinefil

5/10(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国順次公開される、ニナ・メンケス監督『マグダレーナ・ヴィラガ』『クイーン・オブ・ダイヤモンド』、現時点での最新作ドキュメンタリー『ブレインウォッシュ セックス-カメラ-パワー』。この度予告編が解禁となり、あわせて明治学院大学教授の斉藤綾子氏からのコメントも到着いたしました。

自らプロデューサーや撮影を務める特異な作品づくりと、そこから生み出される研ぎ澄まされた映像世界によって、多様 なアメリカ映画界の中でも唯一無二の存在として 1980 年代初頭から現在まで活動を続けてきた女性監督、ニナ・メンケ ス。近年、初期作品がレストアされるなど評価の機運が高まり、日本でも昨年国立映画アーカイブで開催された特集「ア カデミー・フィルム・アーカイブ 映画コレクション」にて代表作『クイーン・オブ・ダイヤモンド』が上映。その圧倒 的な映像に観客の度肝を抜いた。シャンタル・アケルマンやケリー・ライカート、ウルリケ・オッティンガーといった女 性監督の上映、再発見に続き、最も注目を集めていると言っても過言ではないメンケス監督の三作品が 5/10(金)より日 本劇場初公開!

今回解禁となった本予告は劇映画2本、初の長編『マグダレーナ・ヴィラガ』と代表作『クイーン・オブ・ダイヤモン ド』、そしてドキュメンタリー『ブレインウォッシュ』の二部構成。
初期の劇映画の主演はどちらもメンケス監督の最大の協力者にして実の妹、ティンカ・メンケス。『マグダレーナ・ヴィラガ』では社会から隔絶された娼婦の役を、『クイーン・オブ・ダイヤモンド』ではラスベガスのディーラーの役を演じ、どちらも孤独なキャラクターながら力強くもある女性像を類まれな存在感で圧倒する。真紅のネイルや指輪にウエディングドレス、ネオンの煌めきからターコイズブルーのプールサイドと、メンケス自身のキャメラがとらえる詩的な映像美も魅力だ。また、一本の木が燃え盛るさまを映した『クイーン・オブ・ダイヤモンド』での驚異のロングショットのシーンも一足先に確認することができる。
『ブレインウォッシュ』は現時点での最新作で、現在に至るまで映画がいかに「Male Gaze=男性のまなざし」に満ち、その描写がいかに我々の実生活にも影響をもたらしているか、多くの映画のクリップを用いて解き明かしていくドキュメンタリー。予告でもアルフレッド・ヒッチコック『めまい』、クエンティン・タランティーノ『ワンス・アポン・ ア・タイム・イン・ハリウッド』、ポール・トーマス・アンダーソン『ファントム・スレッド』などのクリップが登場。映画という視覚言語がもつパワーについて、そして男性中心の社会に溢れる問題をめぐって投げかけるメンケスの問いと対話は、我々の意識とまなざしを振り返る絶好の機会となるはずだ。

【ニナ・メンケスの世界】予告

◆ 斉藤綾子さん(明治学院大学教授)によるコメント ◆

広告の後にも続きます

公開から 30 年。私たちはやっとニナ・メンケスのイメージに出会える幸運を味わえる。
スロット・マシーンの音が鳴り響くラスヴェガスのカジノ。真っ赤な爪が光り、黙々とカードを配るディーラーをじっと見つめるカメラ。色鮮やかなウィール・オブ・フォーチュンの前にじっと立つ監督の妹、ティンカ・メンケス。バーバラ・ローデン、シャンタル・アケルマン、ウルリケ・オッティンガ ー、アニエス・ヴァルダ、ジェーン・カンピオンの孤独なヒロインたちと同じく、ティンカは寡黙だ。内なる抵抗を、怒りを表す女たちの沈黙。ネヴァダの砂漠、ロサンジェルスのモーテル。
メンケスが描く荒涼としたアメリカ西部にジョン・ウェインはいない。 そのカラフルでミニマルな映像を一度目にしたら、決して脳裏に焼き付いて離れない。

<上映作品>

『マグダレーナ・ヴィラガ』

Magdalena Viraga
1986年 / カラー / 90分
監督・製作・脚本・撮影:ニナ・メンケス
編集:ティンカ・メンケス、ニナ・メンケス
出演:ティンカ・メンケス、クレア・アギラール
©1986 Nina Menkes ©2024 Arbelos

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(映画)

ジャンル