top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で、日本人《史上最年少》で選出!奥山大史監督商業デビュー作『ぼくのお日さま』、出演の池松壮亮、主題歌ハンバートハンバートの喜びのコメントが到着!

cinefil

第 66 回サンセバスチャン国際映画祭の最優秀新人監督賞を受賞した奥山大史(おくやま・ひろし)監督の商業映画デビュー作『ぼくのお日さま』が、2024 年度の第 77 回カンヌ国際映画祭オフィシャルセレクション「ある視点」部門に正式出品されることが決定しました!
奥山大史監督、出演の池松壮亮、主題歌のハンバートハンバートから喜びのコメントが到着!

カンヌ国際映画祭オフィシャルセレクション「ある視点」部門へ日本人として《史上最年少》で選出!

池松壮亮が出演し、『僕はイエス様が嫌い』の新鋭・奥山大史が監督・撮影・脚本・編集を務める映画『ぼくのお日さま』が、フランス現 地日時の 5 月 14 日(水)から 5 月 25 日(土)まで開催される第 77 回カンヌ国際映画祭オフィシャルセレクション「ある視点」部門に正式出品されることが、本日行われたカンヌ映画祭の公式記者会見で発表になった。

今年、俳優で監督のグザヴィエ・ドランが審査員⻑を務めることでも注目される「ある視点」部門へ、日本人監督の作品が出品されるのは、2022 年の早川千絵監督『PLAN 75』以来 2 年ぶりとなり、今年 2 月に 28 歳になった奥山大史監督は、カンヌ国際映画祭のオフィシャルセレクション「ある視点」部門に、日本人監督として《史上最年少》で選出される快挙となった。「ある視点」部 門は、過去の日本作品では北野武監督『ソナチネ』や黑沢清監督『トウキョウソナタ』、是枝裕和監督『空気人形』など世界に名を響かせる日本を代表する監督たちの作品が選出されてきており、近年では特に、新しい映画監督を国際的な舞台へと輩出する部門として注目され、今年は、2000 本以上の作品の中から選ばれた。会見の中で、「Hiroshi Okuyama」と名前が呼ばれると、カンヌ国際映画祭の総代表も務めるティエリー・フレモー氏から「コレエダ(是枝裕和監督)の再来だ。10 分もみればこれがまさに映画であることが分かる。ぜひとも大きなスクリーンで見てほしい。」と選出理由も述べられた。

本作は、田舎町のスケートリンクを舞台に、吃音をもつホッケーが苦手な少年タクヤと、選手の夢を諦めたスケートのコーチ荒川、コーチに憧れるスケート少女さくらの 3 人の視点で紡がれ、雪が降りはじめてから雪がとけるまでの、淡くて切ない小さな恋の物語を描く。奥山大史監督が、撮影、脚本、編集も手がけている。

広告の後にも続きます

『君たちはどう生きるか』の主題歌である米津玄師「地球儀」の MV の監督・撮影・編集を手がけ国内でも注目される奥山大史監督 は、大学在学中に自主制作し、撮影・脚本・編集も手がけた『僕はイエス様が嫌い』で、第 66 回サンセバスチャン国際映画祭の最優秀新人監督賞、第 29 回ストックホルム国際映画祭最優秀撮影賞、第 19 回ダブリン国際映画祭最優秀撮影賞など⻑編デビュー作 からすでに海外で高く評価、注目されていた。
第 77 回カンヌ国際映画祭は、フランス現地日程 5 月 14 日(火)〜5 月 25 日(土)に開催。
映画『ぼくのお日さま』は、9 月よりテアトル新宿・TOHO シネマズシャンテほか全国公開。

< カンヌ国際映画祭「ある視点」部門への主な出品作 >
1994 年 「ソナチネ」北野武監督
2008 年 「トウキョウソナタ」黒沢清監督
2009年 「空気人形」是枝裕和監督
2012 年 「11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち」若松孝二監督
2015年 「岸辺の旅」黒沢清監督、「あん」河瀬直美監督
2016年 「海よりもまだ深く」是枝裕和監督、「淵に立つ」深田晃司監督
2017年 「散歩する侵略者」黒沢清監督
2022年 「PLAN75」早川千絵監督
<その他のカンヌ映画祭トピックス>
・河瀬直美監督「萌の朱雀」が、1997 年のカンヌ 「監督週間」で上映され、27 歳でカメラ・ドール(新人監督賞)を受賞。

コーチ 荒川役/ 池松壮亮 コメント

映画のものを祝福してれるような世界最高峰の地で、分にとって本に大な作品を、様々な国の映画人、映画フンにみて いただること、大っています。奥山さをはじめ、主演敬達希亜良、キャストスタッフ、この映画にわったての
方々と、この喜びを分かちいたいです。

主題歌/ ハンバート ハンバート 佐藤良成コメント

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(映画)

ジャンル