top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

イタリア・リグーリア州のワイナリー「ルナエ」。最も洗練されたヴェルメンティーノがここに生まれる

ワイン王国

最も優美なヴェルメンティーノが生まれるコッリ・ディ・ルーニ。この産地を代表する「ルナエ」は卓越したテロワールを反映させたワインで、国内外で高い評価を得ている。

オーナーのパオロ・ボゾーニ氏は1966年にワイナリーを創設。栽培と醸造を近代化し、リグーリアを代表する生産者となった。コッリ・ディ・ルーニを守った人物

最も繊細で、洗練されたヴェルメンティーノが生まれるのが、リグーリア州東端にあるコッリ・ディ・ルーニだ。ブドウ畑170ヘクタール、年間生産本数210万本の小さな呼称だが、輝く個性を持ち、専門各誌でも高い評価を得ている。この産地を救い、代表的生産者として国内外で名声を高めているのが「ルナエ」だ。

[ 関連記事を読む – ヴェルメンティーノ ]

「ワイナリーの創設時(1966年)、地元で瓶詰めをしている生産者はいませんでした」と振り返るのはオーナーのパオロ・ボゾーニ氏。ヴェルメンティーノの可能性を信じていた氏は瓶詰めを始めた。

広告の後にも続きます

「自社で醸造できない小さなブドウ栽培農家は、ネゴシアン(ワイン商)に廉価でブドウを売るしかなかったのですが、経営が成り立たず、栽培をやめてしまうおそれがありました。私がそのブドウを購入すれば、この地のヴェルメンティーノを守れると考えたのです」

2023年6月にオープンした新しいワイナリーは落ち着いた近代的な雰囲気で、美しい。環境、持続可能性にも最大限に配慮していて、訪問客を受け入れる体制も万全だ

今でも120の栽培農家がルナエ社にブドウを供給していて、総栽培面積は25ヘクタールになる。パオロ氏は栽培と醸造を近代化し、ワインの品質を高めた。1989年にはDOC(統制原産地呼称)も誕生した。90年代からはトリノ大学と協力して、ヴェルメンティーノのクローン選別、コッリ・ディ・ルーニに適した株密度や仕立て法の研究を行い、さらに品質を向上させた。今は醸造家である息子ディエゴ氏と娘デボラさんも働いている。65ヘクタールになった自社畑は40の小さな区画に分かれ、それぞれの特徴をいかしたワイン造りが可能だ。

小さなエリア内で大きく変わるテロワール

コッリ・ディ・ルーニの産地は地中海とアプアーネ山脈に挟まれ、海から標高1800メートルを超す山までの距離がわずか7キロで、急速に標高が高くなり、土壌も変化する。狭い産地に多様なテロワールが存在するのだ。

平野部にある畑はマグラ川が運んだ砂が堆積した土壌で、標高1~2mと低く、海の影響を受け気候は温暖

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(グルメ)

ジャンル