top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

自然と共生するワイン造りを推進する「マサイアソン・ワインズ」

ワイン王国

カリフォルニア、ナパ・ヴァレーにおいて環境に配慮したブドウ栽培の第一人者「マサイアソン・ワインズ」よりオーナーで醸造家のスティーヴ・マサイアソン氏と奥さまのジルさんが来日し、栽培と醸造へのこだわりについて語った。

左から『シャルドネ リンダ・ヴィスタ・ヴィンヤード ナパ・ヴァレー』『ホワイト・ワイン ナパ・ヴァレー 2021年』『ロゼ カリフォルニア2022年』『カベルネ・ソーヴィニヨン ナパ・ヴァレー 2020年』『カベルネ・ソーヴィニヨン フェニックス・ヴィンヤード ナパ・ヴァレー 2020年』

マサイアソンは食事に合わせることを前提とした、低めのアルコール度数で心地いい飲み口のワインを造っている。「ワインからパワーを感じてほしいですが、それはアルコールの高さではなく、酸からくるエネルギーなのです」とマサイアソン氏。

[ 関連記事を読む – サステイナブル ]

ブドウ栽培に関しては「環境にいい影響を与えることが目標です。有機栽培で造られたブドウはエネルギーに満ちた味わいになります」と語る。化学肥料を使わないだけでなく、環境に与える影響を考えたブドウ栽培、「環境再生型農業」を推進している。

広告の後にも続きます

環境再生型農業とは
・土の健康状態を保つ
・節水
・肥料・殺虫剤
・肥料や殺虫剤の使用を最小限に抑える
・カーボンフットプリントを削減
・農業者の健康維持とステップアップ
・川に排水する、地理上の領域を考える(小川、川、湾・三角州、海)

スティーブ・マサイアソン氏と奥さまのジルさん。ジルさんもアーモンドなどの農業に関わる

環境に配慮し、緻密に計算された畑仕事を行っているマサイアソン氏。例えばカバークロップを植える「創生栽培」ではブドウ樹に与えるストレスとのバランスを考えて植える植物を選んだり、区画ごとの樹勢をコントロールする肥料の撒き方、太陽の向きを考えた仕立て方など、さまざまな角度からブドウの生育を見守っている。

この日は和食とともに五つのワインとヴェルモッド(フレーバードワイン)を試飲した。

『シャルドネ リンダ・ヴィスタ・ヴィンヤード ナパ・ヴァレー 2021年』は酸が豊かで後味に塩味を感じる。発酵は天然酵母を用い、1/3はマロラクティック発酵をしている。リンゴのような香りがメインでミネラリティーも。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(グルメ)

ジャンル