top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

山梨県から日本ワインを盛り上げる!「日本ワインサミット」を開催

ワイン王国

photographs by Koumei KADOWAKI

山梨県といえばワイン造りの歴史も古く、日本ワイン産業をけん引してきた産地だ。山梨県が「ワイン県」を宣言してから5年を迎え、3月9日(土)に山梨県甲府市にある「常磐ホテル」で「日本ワインサミット」が開催された。全国からワイン愛好家約280人が詰めかけた。

[ 関連記事を読む – ピックアップ ]

第一部のシンポジウムに先立ち、ワイン県知事の長崎幸太郎氏(山梨県知事)は「ワイン県宣言を通して、山梨県だけではく日本ワインの振興に貢献したい」と挨拶をした。

ワイン県知事の長崎幸太郎氏(山梨県知事)

広告の後にも続きます

今回、コーディネータを務めた田崎真也氏は、同副知事に任命されている。「山梨県は日本ワイン産業のリーダーシップをとりながら、これから日本ワイン全体の発展に寄与したいというお話しだったので副知事の任命をお受けました」と副知事として山梨県ワインの発信役を担っている。

ワイン県副知事の田崎真也氏

この日、シンポジウムに登壇したのは、「酒類総合研究所」前理事長の後藤奈美さん、「ヴィラデストワイナリー」(長野県)の玉村豊男氏、「山﨑ワイナリー」(北海道)の山﨑太地氏、「高畠ワイナリー」(山形県)の松田旬一氏、「都農ワイン」(宮崎県)の赤尾誠二氏、「中央葡萄酒」(山梨県)の三澤彩奈さん。田崎氏が進行を務める形でシンポジウムはスタートした。

独立行政法人 酒類総合研究所 前理事長 後藤奈美さん

風土を生かしたワイン造り

まず、北は北海道、南は宮崎まで、それぞれがブドウ栽培をしている土地や取り組みについての解説から。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(グルメ)

ジャンル