top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「木内酒造」から、酒酵母を用いた「常陸野ネストビール・ラガー1823」が数量限定で発売

ワイン王国

2023年に創業200周年を迎えた日本酒の蔵元「木内酒造」から、創業した年である「1823」を商品名に据えたラガービール「ラガー1823」が、3月中旬より数量限定で発売される。

200年の歴史が紡ぎ出すラガービール

1996年より製造開始した、木内酒造の「常陸野ネストビール」。常時15種類以上ビールを製造し、年間醸造量約3,000KLのうち約50%は海外へ出荷。海外でも高い認知度を誇るビールブランドだ

豊かな自然が広がる茨城県那珂市で、地元の農産物を生かした酒造りを行う木内酒造。同社のビールブランド「常陸野ネストビール」から新たに登場するラガー1823は、江戸時代より日本酒造りを続けるなかで培った知識と、酒蔵ならではの酒酵母を活用した1本だ。

[ 関連記事を読む – 常陸野ネストビール ]

モルトは、那珂市で栽培された国産大麦「金子ゴールデン」を100%使用。独自に研究開発し培養した清酒酵母とビール酵母で二段発酵させている。口に含むとラガーのしっかりとしたキレの中に、上品な苦味がゆっくりと広がっていく。金子ゴールデン100%ならではの、ボディ感豊かな旨みも特筆に値する。

広告の後にも続きます

常陸野ネストビール ラガー1823、内容量:330ml瓶、原材料名:⻨芽(国内製造)/ホップ、アルコール分:4.5%、価格:462円(参考小売価格・税込)、販売地域:木内酒造の直営店/木内酒造オンラインショップ/酒販店

パッケージはまろやかな味わいを表現したという桃色がベースとなっており、縁起のよい吉祥文様が創業年を商品名に冠する本品にぴったり。国産⻨芽の芳醇さとプレミアム感が金箔と黑ボトルで演出された、華やかなデザインとなっている。

木内酒造の200年の歴史によって醸された美酒をぜひご堪能あれ

木内酒造
https://www.kodawari.cc/

常陸野ネストビール
https://hitachino.cc/

 
   

ランキング(グルメ)

ジャンル