top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

Beer the FirstからJALの余剰米をアップサイクルしたラガービールが3/1より新発売

ワイン王国

廃棄予定の食品を生かしたクラフトビールの開発・販売を行う「Beer the First」から、日本航空(JAL)の空港ラウンジの余剰米を活用したラガービール「Japan Arigato Lager」が3月1日(金)より発売される。

フルーティーな香りのラガービール

消費期限を迎える災害備蓄品や商品開発・製造時に発生した廃棄食品などをアップサイクルし、さまざまなクラフトビールを開発してきたBeer the Firstから、今回発売される新商品は成田空港JAL国際線ラウンジで余ったご飯を活用したもの。

[ 関連記事を読む – Japan Arigato Lager ]

空港ラウンジでは利用客の満足度を下げないよう常にご飯を絶やさないようにしているため、どうしても余剰が発生してしまうという。

そこで同社はこの破棄されるご飯に着目し、糖化工程の副原料にこのご飯を使ったCold IPAを開発。フードロスの削減により、JALのサステイナブル活動に貢献する。

広告の後にも続きます

同社代表取締役の坂本さんによると、Japan Arigato Lagerは揚げ物やしっかりと味付けされた料理と合わせるのがおすすめとのこと

商品名のJapan Arigato Lagerは、日本文化の「いただきます」や「米粒を残さない」といった食に対する敬意を「ありがとう」で表現したものだそう。

ドライでキレがある味わいに仕上げられており、グレープフルーツのような柑橘の香りとほのかな苦みが爽やかで飲みやすい。

JALの新規事業によりサステイナブルビール造りがスタート

2月21日にJAL innovation LabでJAL Wingman Projectのお披露目会が開催。左から、日本航空事業開発室JAL innovation Labゼネラルマネジャー藪本祐介さん、日本航空事業開発室JAL innovation Labアシスタントマネージャー岡田千咲さん、Beer the First代表取締役坂本錦一さん

この商品開発のきっかけとなったのは、2023年にJALが開催したビジネスコンテスト「JAL Wingman Project」で同社が最優秀賞に選出されたこと。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(グルメ)

ジャンル