top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

国内で7年ぶりに開催。パラアルペンスキーW杯に出場した日本選手たちの現在地

パラサポWEB

国内で7年ぶりに開催されたパラアルペンスキーのワールドカップ(W杯)。回転種目3戦連続4位だった、座位のトップレーサー鈴木猛史は、2023年10月から日本チームに合流したイタリア人コーチ、アレッサンドロ・インティリア(愛称サシャ)と、ゴールエリアでこんな言葉を交わしていた。

「(手を合わせるしぐさをしながら)表彰台に届かず、ごめんなさい」(鈴木)
「Don’t be sorry」(サシャ)

鈴木は言う。
「自国開催の応援が力になったし、応援してくれている人たちにメダルを見せたかった。それに、成績を残せるように情熱的に指導してくれているコーチにも、メダル獲得をかなえられずごめんねと言いたい。僕も悔しいけど、コーチも悔しいと思うんです」

鈴木のモチベーションは、パラリンピックのメダルを持ち帰り、それを手にした人たちの笑顔をもう一度見ることだ

2026年のミラノ・コルティナ冬季パラリンピックで3大会ぶりの金メダルを目指す鈴木。大会前の記者会見では、今シーズンのW杯前半戦を振り返り「厳しい戦いが続いているが、調子が悪いわけではない。滑りを変化させていて形ができてきたところ」と話していた。会場となったのは、サッポロテイネの山頂に近い1972年札幌オリンピック女子大回転コース。得意の急斜面で行われることもあり、今シーズン初の技術系種目の表彰台へと気勢をあげた。

海外勢の牙城を崩せ

大回転は7位。回転第1、2戦は4位。そして最終日の第3戦は1本目を終えた時点で3位と好位置につけた。ライバルの一人イェスペル・ペデルセン(ノルウェー)は大会中盤から柔らかくなった雪質に苦戦し、この日は1本目で姿を消す。だが、オランダとイタリアの若手の勢いは止まらない。ニールス・デ・ランゲン(オランダ)が2本目で鈴木を抜き、鈴木は4位に。2本の合計タイムでメダルまで2秒44差だった。

広告の後にも続きます

最終日も1本目はリラックスして挑むことができたという。しかし、2本目は「みんなにメダルを見せたい気持ちが強すぎてスキーを楽しめなかった」と唇を噛んだ。

最初から全力で攻めなければ海外勢に差をつけられる。そんな意識が強かったのだろう。力が入りすぎたせいで、2本目は序盤でスピードに乗れなかった。

「スタートしてすぐにリズムを取らなくてはならなかったんですけど、うまく取れませんでした」

新コーチとともにW杯に参戦する日本チームの選手とスタッフ

そう反省点を口にする鈴木だが、収穫もあった。ひとつは、2本目を3番手でスタートしたことで「久しぶりにいい緊張感を味わえた」こと。もうひとつは、自身が想定していたよりもトップ3とタイム差が開かず、失いかけていた自信を取り戻せたことだ。メダルを目指すと公言しながらも、内心は大敗すると思っていたのかもしれない。

回転2戦目を終えた日に、「思ったよりも若い選手たちと戦えているというのは、自信にもつながっている」と前を向いていたのが印象的だった。

現在35歳。「悔しいという気持ちがあるので、まだまだ成長できる」「僕たちもまだまだやれるんだという姿を見せたい」と気持ちを新たにした元世界王者。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル