top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

数字で予習! パリ2024パラリンピック基本の「き」

パラサポWEB

パリ2024パラリンピック開幕まで約半年。大会を楽しむために、大会にまつわる10個の数字に注目してみた。

1.開催期間「12」

パリパラリンピックは、パリオリンピックのおよそ2週間後に開幕。8月28日(水)から9月8日(日)まで、12日にわたって競技が行われる。初日は開会式のみで、競技は11日間だ。ちなみに東京2020パラリンピック(13日間)と比べて1日短くなった。

2.実施競技「22」

実施される競技は22競技。パリ大会から採用される競技、外れる競技はなく、東京パラリンピックと同じだ。

無観客で行われた東京パラリンピックの開会式
photo by Takashi Okui

3.メダル種目「549」

メダル種目数は、前回大会より10種目増えて549になる。ボッチャ、柔道、ローイングの種目が増加する。

4.女子選手のメダル種目「235」

女子選手が争う金メダルの数は235個。前回大会よりも種目が増え、メダル種目のうち約43%を占める。

5.競技会場「17」

広告の後にも続きます

競技の多くがパリ中心部で行われる。パリといえば、世界有数の観光地であり、パリ大会は観戦しながら観光もできるのが魅力だ。
※マラソンのスタート地点を除いた数字。

6.競技会場のうち世界遺産「5」

競技会場のうち5会場(*1)はユネスコの世界遺産に登録されており、“スポーツと世界遺産の融合”も見どころのひとつ。開会式が行われるコンコルド広場も世界遺産(パリのセーヌ河岸)に含まれる。
*1 ヴェルサイユ宮殿以外の会場(エッフェル塔、アンヴァリッド、グラン・パレ、アレクサンドル3世橋)は、「パリのセーヌ河岸」の登録対象として世界遺産に登録されている。

<会場一覧> ★マークが世界遺産
★エッフェル塔スタジアム(ブラインドフットボール
・★ヴェルサイユ宮殿馬術
・★アンヴァリッドアーチェリー
・★グラン・パレ車いすフェンシングテコンドー
・★アレクサンドル3世橋トライアスロン
・スタッド・ローラン・ギャロス(車いすテニス
・ベルシー・アリーナ(車いすバスケットボール
・ポルト・デ・ラ・シャペル・アリーナ(バドミントンパワーリフティング
・シャン・ド・マルス・アリーナ(車いすラグビー柔道
・サン・カンタン・アン・イブリーヌ・ベロドローム(自転車競技・トラック)
・クリシー・ス・ボワ(自転車競技・ロード)
・パリ・ラ・デファンス・アリーナ(水泳
・パリ南アリーナ(ボッチャ卓球ゴールボール
・パリ北アリーナ(シッティングバレーボール
・スタッド・ド・フランス(陸上競技
・シャトールー射撃場(射撃
・ヴェール・シュル・マルヌ・ナティカル・スタジアム(カヌーローイング

ブラインドフットボールはエッフェル塔のふもとで行われる
photo by X-1

7.代表選手団「184」

パリパラリンピックでは、184の代表選手団が参加を予定している。リオ大会、東京大会に続き、パリ大会でも難民選手団が国際パラリンピック委員会(IPC)の支援で構成される(*2)
*2 選手は成績や資格などの選考基準に基づき選出される。

東京2020パラリンピックに出場した難民選手団
photo by Takashi Okui

8.パラアスリート「4,400」

パリパラリンピックに出場する予定のアスリートは、最大4,400人。

9.視覚障がいアスリートのガイド「278」

視覚障がいアスリートとともに、278人のガイドが競技を行う予定。

10.ボランティア総勢「45,000」

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル