top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

カリフォルニア&ニュージーランド 凄腕ワインメーカーの造るカベルネ・ソーヴィニヨンとシャルドネ

ワイン王国

アメリカ・カリフォルニア州「ケンウッド・ヴィンヤーズ」のマーク・ビーマン氏とニュージーランド「チャーチ・ロード」のクリス・スコット氏が時を同じくして来日。ともに醸造責任者を務める2 人の対談が実現した。

(左)マーク・ビーマン氏 Mark BEAMAN/ケンウッド・ヴィンヤーズ KENWOOD VINYARDS
「ケンウッド・ヴィンヤーズ」醸造責任者。20 年以上にわたりカリフォルニアをはじめとするアメリカ各地の有名ワイナリーで研鑽を積み、2023 年6 月より現職
クリス・スコット氏 Chris SCOTT/チャーチ・ロード CHURCH ROAD
「チャーチ・ロード」醸造責任者。「ニュージーランド・ワインメーカー・オブ・ザ・イヤー」のタイトルを5 回受賞した実績を持つ、この国を代表するワインメーカーの一人

——お二人は今回の来日で初めてお会いされたとのことですが、もうすっかり仲睦まじい感じですね。まずはそれぞれのワイナリーについて教えてください。

スコット 二つの島から成り立つニュージーランドですが、「チャーチ・ロード」は、南島より温暖な、北島のホークス・ベイにあります。1897年に創業された歴史あるワイナリーです。
ビーマン ホークス・ベイは訪れたことがあり、素晴らしい産地でした。「ケンウッド・ヴィンヤーズ」は、カリフォルニアのソノマ・ヴァレー北部で設立。土壌と気候の多様性が特徴で、それをワインに表現するのを信条としています。ちなみにAVA(*1)が19もあります。
スコット カリフォルニアというとやはりナパ・ヴァレーのイメージが強い。でも私には、骨太なワインを造るナパ・ヴァレーが“長男”で、ソノマ・ヴァレーは垢抜けたエレガントなワインを醸す“次男”という印象です。多様性については、ホークス・ベイにも多くの微気候が存在し、海岸は石灰質、内陸は砂質など土壌も多彩なんですよ。

*1 American Viticultual Area(アメリカブドウ栽培地域)。1983年に始まった、アメリカ産ワインの原産地呼称

広告の後にも続きます

——遠く離れた二つの産地には、多様性という共通項があるのですね。ともに力を入れているのがシャルドネとカベルネ・ソーヴィニヨンだとか。

ビーマン 冷たい海の影響を受けるソノマのワインにはきれいな酸味が残ります。とはいえカリフォルニアは温暖なので『ケンウッド・ヴィンヤーズ シックス・リッジズ ロシアン・リバー・ヴァレー シャルドネ 2019年』の香りはトロピカルフルーツが中心。樽発酵もマロラクティック発酵(*2)も行いますが、この地の典型的なスタイルより軽やかです。

ケンウッド・ヴィンヤーズ シックス・リッジズ ロシアン・リバー・ヴァレー シャルドネ 2019年
Kenwood Vineyards Six Ridges Russian River Valley Chardonnay

品種:シャルドネ100% 参考小売価格:3740円

スコット 厚みを感じますが、樽感が突出せずにまとまりのある味わいですね。一方で私たちのシャルドネは、石灰質土壌で育ち、柑橘類の香りが特徴。ユニークなのは、トップキュヴェ『チャーチ・ロード・トム シャルドネ』の製法で、ブドウを圧搾したら樽に入れ、無添加・無ろ過、そのまま天然酵母で樽発酵。勇気と覚悟が必要な造りなんです。