top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「第1回よなよな月のウラ学会」が開催

ワイン王国

2月3日(土)、「YONA YONA BEER WORKS 新虎通り店」で「開発中のビールが一足先に飲める!第1回よなよな月のウラ学会」が開催された。

本イベントは、ヤッホーブルーイングが2023年10月に始動した「ビール共同開発プロジェクト よなよな月のウラ研究会」の活動の一つで、ファンの意見を取り入れながらビールを造るという消費者参加型の開発企画だ。

[ 関連記事を読む – YONA YONA BEER WORKS ]

同社のブルワーが考案した試験醸造段階のビール2種類をサブスク会員に向けて公開し、オンラインと東京・大阪で開催されるテイスティングイベントにて投票を実施。投票数の多かったビールが限定商品として製品化される。

そこで今回は、記念すべき第1回目となる本企画について、2種類の試作品や東京会場の様子とともにご紹介しよう。

テーマは「いいことがあったときに飲みたいビール」

広告の後にも続きます

「YONA YONA BEER WORKS 新虎通り店」の入り口に設置された、「開発中のビールが一足先に飲める!第1回よなよな月のウラ学会」の看板

よなよな月のウラ学会は、ビールの定期便サービス「ひらけ!よなよな月の生活」の会員を対象にした企画で、会員は月の生活で提供する限定ビール造りに参加できるという、サブスク特典の一つである。

昨年10月、会員には開発のテーマである「いいことがあったときに飲みたいビール」に関したアンケートを実施。ブルワーたちはその回答結果を参考に詳細なレシピを考案し、試験醸造を開始した。

試作品として会場に用意されたのは、片岡紗羅さん(ニックネーム:ピーピー)と岩崎信隆さん(ニックネーム:NBK)が考案した2種類のビール。ちなみに、ヤッホーは企業文化として社員同士がニックネームで呼び合っている。

左:ピーピーさんが考案したフルーツIPA、右:NBKさんが考案したベルジャンゴールデンストロングエール

①フルーツIPA

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(グルメ)

ジャンル