top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

27アイテムにメダル授与「第38回シャブリワインコンクール」開催

ワイン王国

恒例の「第38回 シャブリワインコンクール」が1月20日、フランスのシャブリ地区にあるブルゴーニュワイン委員会(BIVB)事務所で開催された。対象ボトルは2022年産のAOCプティ・シャブリ、AOCシャブリ、AOCシャブリ・プルミエ・クリュ、2021年産のAOCグラン・クリュ。昨年のコンクールは、天候被害などで2021年産の収穫量が減少し、提出された見本ボトルは259本と少なかったが、今回対象となった2022年産は十分な収穫量だったため、合計見本ボトルの数は335本と前年から大きく増えた。

ソムリエ、ジャーナリスト、レストラン関係者、クルティエ(ワインの仲介業者)など63名の審査員が一次審査を行いカテゴリー毎に約20本をセレクション。それらを再度、最終審査員が試飲し、うち27本にメダルを授与した。

[ 関連記事を読む – コンクール ]

BIVBシャブリ事務所2階のホールで行われた試飲審査。335本のエントリーの中から27本がメダルを受賞した

審査委員長は今回、パリソムリエ協会会長のジャン・リュック・ジャムロジック氏が務めた。ジャムロジック氏はフランス北部、コンビエーニュのホテル学校で料理とレストラン、ホテル関係の職業資格を得た後、企業でインターンを行い、その時ソムリエの職業に出会った。英国に留学して英語を学んだ後、1983年にパリの「ボルティモアホテル」に入り、約30年間シェフソムリエを務めた。2018年に退職し、現在は息子のカンタンと友人のミッシェル・ラヌー氏とともにワインの販売サイト「D‘Or et de Vins」の運営と、2008年から務めるパリソムリエ協会会長職を続けている。

広告の後にも続きます

審査員長を務めたジャン・リュック・ジャムロジック氏(左)、コンクール運営委員長ブノワ・ドロワン氏(右)

受賞ボトルを紹介

プティ・シャブリ 2022年
■金メダル:
『ドメーヌ・デ・マランド』(Domaine des MALANDES)
■銀メダル:
「パスカル・ブシャール」の『ブラン・カイユー』(PASCAL BOUCHARD,Blancs Cailloux)、『SCEAフォンテーヌ・ド・ショール』(SCEA de la Fontaine de Chaule)、『ガルニエ・エ・フィス』(GARNIER ET FILS)
■銅メダル:
『ギヨーム・ヴリニョ』(Guillaume VRIGNAUD)、『ドメーヌ・ベソン』(Domaine BESSON)

シャブリ 2022年
■金メダル:
『ドメーヌ・ジャンポ-ル・エ・ブノワ・ドロワン』(Domaine Jean-Paul et Benoît DROIN)
■銀メダル:
『ドメーヌ・ギー・ロバン』(Domaine Guy ROBIN)、『ドメーヌ・デ・ペルグラン』(Domaine des PEREGRINS)、「ドメーヌ・デ・マランド」の『アンヴェール・ド・ヴァリュミュール』(Domaine des MALANDES,Envers de Valmur)
■銅メダル:
『ドメーヌ・ミショ・ジャコブ』(Domaine MICHAUT-JACOB)、『ドメーヌ・セルヴァン』(Domaine SERVIN)

シャブリ・プルミエ・クリュ 左岸 2022年
■金メダル:
「ドメーヌ・セルヴァン」の『フォレ』(Domaine SERVIN,Forêts)、「ドメーヌ・ジェラール・トランブレ」の『ボロワ』(Domaine Gérard TREMBLAY,Beauroy)、「ドメーヌ・ジャン・ポール・エ・ブノワ・ドゥロワン」の『モンマン』(DomaineJean-Paul et Benoît DROIN,Montmains)
■銀メダル:
「ドメーヌ・モニエ」の『コート・ド・レシェ』(Domaine MOSNIER,Côte de Léchet)、「ドメーヌ・パンソン」の『フォレ』(Domaine PINSON,Forêts)
■銅メダル:
「ドメーヌ・ド・ラ・トゥール」の『モンマン』(Domaine de LA TOUR,Montmains)、「イザベル・エ・ドゥニ・ポミエ」の『トゥロエム』(Isabelle et Denis POMMIER,Troesmes)

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(グルメ)

ジャンル