top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

ジャパンパラで全勝! 車いすラグビーの日本代表はパリで輝けるのか

パラサポWEB

パリ2024パラリンピックの開幕まで、まもなく200日を切ろうとしている。昨年、“車いすラグビー界の名伯楽”ケビン・オアー氏がヘッドコーチ(HC)を退任し、新体制になった車いすラグビー日本代表は、ドイツとブラジルを迎えて「2024ジャパンパラ車いすラグビー競技大会」を戦った。パリでパラリンピック3大会連続のメダル獲得が期待される日本代表。果たしてパリへの準備は順調に進んでいるのか。

強化中のバランスラインは脅威となり得るのか

「今はチームプレーを磨いていくとき」
オアー元HCのコンセプトを引き継ぎ、多くの選手交代をしながら戦う岸光太郎HC。その岸が指揮をする日本代表は、今大会で個より連携を重視。1㎝単位のチェアポジション、トランジションの速さへのこだわりを深めているところだ。

“ディフェンス職人”乗松は、豊富な運動量で駆け回りターンオーバーを奪った

ボーラーが一人でトライラインに向かっていくのではなく、ローポインターと連携して走る。こうした一つひとつのプレーで丁寧に声をかけ合いながら、あえてコートを広く使ってトライするシーンも多く見られた。

先発の長谷川勇基(0.5)は安藤夏輝と交代しながら今大会のファーストラインとして機能した

そんな中、成長著しい橋本勝也(3.5)をナンバーワンとするライン(3.5-2.0-2.0-0.5)が、大会4日目の28日に行われた決勝のスターティングラインナップに。試合は日本代表の橋本が第1ピリオドで13得点を稼いで17-12と大きくリードを奪う。守備では、乗松聖矢(1.5)を含んだ強力なライン(3.5-2.0-1.5-1.0)が機能。相手ブラジルのエース、ガブリエル・フェイトサ・デ・リマ(3.5)の得点を前半14点に抑え、最終的に55-43で勝利した。

昨年10月の「2023 International Wheelchair Rugby Cup」で国際大会本格デビューした草場龍治は1.0クラスの代表争いを激化させている

大会を通じ、「チームディフェンスで手ごたえをつかんだ」と岸HC。しかし、海外選手は障がいの重い選手にボールが渡ると同時に激しいリーチでボールを奪いにいく。決勝でも乗松のボールが奪われる場面があり、格下相手にオフェンス面での課題が浮き彫りになった。

広告の後にも続きます

さらにインバウンド(エンドラインからのパス)やパスをつなぐプレーも課題が見えた。

苦しいパスもあったが、クラブチームも同じ中町と橋本のコンビネーションが光った

2.0クラスの選手の中でパスを得意とする中町俊耶は「ボールを出すシーンで苦しんだ」と振り返る。

「インバウンドは試合の中でミスが起こりやすいシーン。勝也とコミュニケーション(を取ることを意識し)、勝也に激しいプレッシャーがいっているときは(あまり球を扱わない)ローポインターに受け渡すなどしているが……。チームとしてもインバウンドの支援を課題としているので突き詰めていきたいです」 昨年8月に就任した岸HC

高さを捨てた日本代表

これまでほぼ100%の確率でつながっていたパスがうまくいかない。それはチームの大黒柱であり、世界でも高さのある池透暢(3.0)が不在だったからだ。

2014年にスタートしたジャパンパラで池が日本代表から外れたことは、過去に一度もなかった。岸HCは説明する。

「池がいると高さに甘えてしまう。そういった部分を振り切るために、今回はお休みしてもらいました」

橋本は今大会で代表2大会目というスタメンを経験。パリで日本代表のキープレーヤーになることを目標に掲げている 

その状況を最もポジティブに捉えたのは、大会を通してプレー時間が長かった橋本だろう。自身2大会目だという先発の経験も積んだ。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル