top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

穏やかなひと時に浸る、山梨・北杜ワイン旅のすゝめ その①

ワイン王国

注目のワイン産地、山梨県北杜市

八ヶ岳、甲斐駒ヶ岳、茅ヶ岳の三つの高い山に囲まれた南八ヶ岳エリアに位置する山梨県北杜市は、甲府市から北西におよそ25キロの所に位置する、標高700~1300メートルの山麓地帯。地球温暖化が進む今、標高が高く冷涼な気候からブドウ栽培の適地として注目され、この15年ほどでヴィンヤード(*1)とワイナリーが増えている話題のエリアだ。

そんな北杜市には、宿泊施設、見学施設を備えたヴィンヤードやワイナリーのほか、自然に囲まれたロッジや美術館がある。新宿からおよそ2時間と都内からのアクセスも良い。

[ 関連記事を読む – ワインツーリズム ]

今回、三つのヴィンヤードとワイナリーを中心に巡る、北杜ワインツーリズムに参加した。静かで穏やかな時間が流れる北杜市の魅力をお届けする。(その②はこちら)

*1 本記事では、自身の醸造所を有さない場合、ワイナリーとわけてヴィンヤードと表記する

小牧ヴィンヤード

広告の後にも続きます

新宿から電車に揺られることおよそ2時間、山梨県の小淵沢駅のホームに降り立つ。視界の先に見える八ヶ岳を眺めながら、駅からさらにタクシーで5分ほどの所に「小牧ヴィンヤード」はある。

「小牧ヴィンヤード」と併設の「ワインカフェ・メルル」の看板が並ぶ

八ヶ岳から絶えず吹き込む冷涼な風が畑の気温を下げる。八ヶ岳は宮沢賢治の代表作『風の又三郎』の舞台といわれている

小牧ヴィンヤードは、オーナーの小牧康伸氏がソムリエとして勤めていた「帝国ホテル」を2003年に退職後、奥さまのミチ子さんと始めた滞在型ヴィンヤード。約1ヘクタールの畑でメルロやカベルネ・ソーヴィニヨン、ソーヴィニヨン・ブランなどを栽培する。現在は県内の3ワイナリーに醸造を委託しているが、来年には自身のワイナリーを立ち上げるため準備中だ。

オーナーの小牧康伸氏と奥さまのミチ子さん。小牧氏は「妻とイタリアに旅行した際、現地のアグリツーリズムに感動し、自分たちもやってみようと思った」と滞在型ヴィンヤード設立の経緯

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(グルメ)

ジャンル