top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「クインテッサ」と「ファヴィア」――パートナーシップを締結

ワイン王国

「コンチャ・イ・トロ」の社長職を筆頭にさまざまなポジションを歴任してきたチリ出身のアグスティン・フネウス氏が所有するカリフォルニア州ラザフォードの「クインテッサ」と、古巣の「スクリーミングイーグル」で、それぞれ醸造と栽培を担当していたアンディ・エリクソン&アニー・ファヴィア夫妻が2023年に立ち上げた「ファヴィア」。旧知の仲の彼らが新たな夢の実現のためにパートナーシップを結んだ。

昨秋、フネウス・グループの輸出担当ディレクター、ディエゴ・ギャーレイ氏が来日。「クインテッサ」と「ファヴィア」のワインを紹介した。

[ 関連記事を読む – クイーンテッサ ]

チリのプレミアムワイン『セーニャ』や『アルマヴィーヴァ』のゼネラルマネジャーとして活躍していたディエゴ・ギャーレイ輸出担当部長は日本市場への造詣も深い

クインテッサはすべて自社畑で、オーガニックおよびビオディナミによるワイン造りに特化。年々、酒質の高いワインを造り出している。現在、ソーヴィニヨン・ブランが主体の白『イルミネーション』と、ボルドーブレンドの赤『クインテッサ』の2アイテムを生産。フラッグシップのクインテッサはカベルネやメルロ、プティ・ヴェルドに、チリを代表する品種カルメネールをブレンドしているのが特徴である。2018年から『ラ・プラス・ド・ボルドー』に参画し、ネゴシアン経由の販売になった。

広告の後にも続きます

一方のファヴィアはカリフォルニア州の新しいAVAクームスヴィルにある。火山の爆発で地殻変動が起き、すり鉢状の地形になったエリアで、サンパブロ湾からの風の影響を受ける冷涼な産地である。自社畑だけでなく、購入ブドウを含め、シングルヴィンヤードや単一のAVAのワインを手掛けているので、コンセプトはブルゴーニュのワイン造りに近いといえる。ボルドー系品種中心で、アンディ・エリクソン&アニー・ファヴィア夫妻が愛するカベルネ・フランに力を入れている。2022年からクインテッサ同様、ネゴシアン経由での販売方式になっている。

『クインテッサ 2020年』(写真左)
カベルネ・ソーヴィニヨン87%、カベルネ・フラン7%、カルメネール4%、プティ・ヴェルド2%
収穫がほぼ完了していた9月26日の翌日、グラスファイアがあり、摘み残しのブドウにスモークテイント(煙害)が出たので、2020年は山火事前のブドウのみを使用。通常の3分の1の収量。カシス、スパイス、ドライハーブのアロマ。厚みのあるタンニン、凜としたミネラル。バランスが良く、力強さと繊細さを併せ持つワイン

『クインテッサ 2015年』(同右)
カベルネ・ソーヴィニヨン83%、メルロ12%、カベルネ・フラン2%、プティ・ヴェルド2%、カルメネール1%
クインテッサの記録上、最も早い収穫年の一つ。芳醇さ、質感、ストラクチャーが秀逸。口当たりが滑らかで、さまざまな要素が層を成し、若々しさも感じるワイン。マリアージュに最適で、「スモーキーさを出したバーベキューラムがお勧め」とギャーレイ氏

『ファヴィア セロ・スール 2014年 レッドワイン』(写真左)
カベルネ・フラン85%、カベルネ・ソーヴィニヨン15%
“南の丘”を意味するセロ・スールはヴァカ山脈の高台の畑に約40年前に植樹されたカベルネ・フランが主体。ドライローズやドライフルーツ、タバコやキノコ、エスニックスパイス。洗練された味わいで、口中まろやか。緻密なタンニン、旨さを伴った余韻

『ファイヴィア カベルネ・ソーヴィニヨン 2020年 クームスヴィル』(同右)
カベルネ・ソーヴィニヨン100%
ナパ・ヴァレーの北半分に被害を与えた山火事は、本拠地クームスヴィルから距離はあったが、細部に配慮し、すべての区画のブドウを別々に醸造。濃黒紫の色調、赤・黒系果実、ミネラル、黒鉛のアロマ。口中に広がる果実風味と凝縮感、存在感あるタンニン。長い熟成に耐え得るワイン

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(グルメ)

ジャンル