top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

茂野吾郎、佐藤寿也、逢坂猛史……メジャーへ渡った野球漫画の人気キャラ、推定年俸は? 実在選手から考察

Real Sound

  日本のプロ野球から今年もメジャー移籍のニュースが連日のように話題となっている。松井裕樹がパドレスへの移籍が決定的に、山本由伸は、大型契約でのメジャー移籍が確実視されている。

(参考:【写真】熱すぎる! 巨人の星のDVDブックと魅力的な特典

 野球漫画でもこれまで多くの人気野球選手がメジャーへと渡っていったが、世界中にプロリーグが存在するサッカーと違い、野球の本格的なプロリーグはかなり数が限られる。プレミアリーグとブンデスリーガの経済格差は1.5倍程度だが、最大のプロ野球リーグであるMLBと第2のリーグであるNPBの格差はそのような生易しいものではない。

 NPBの平均年俸4500万円に対し、MLBの平均年俸は約4億8000万円である。誇張抜きに桁が違う。そのため、NPBで成功するのとMLBで成功するのとでは経済的な側面に限っても全く意味合いが変わってくる。

■茂野吾郎(MAJOR)推定年俸:15億円

広告の後にも続きます

  長期連載作品となった『MAJOR』の主人公・茂野吾郎は先発とクローザーの両方で成功し、最終的にはワールドシリーズ制覇も経験した。

  MLBには先発とクローザーの両方で活躍した選手が何人か存在するが、吾郎に近いのはジョン・スモルツ氏だろう。

  吾郎は先発として最多勝、防御率、サイ・ヤング賞の獲得経験あり、クローザーとしても最多セーブを獲得している。(NPBでも江夏豊氏が最多勝と最多セーブの両方を記録)

  殿堂入り選手のスモルツ氏は最多勝、最多奪三振、サイ・ヤング賞の獲得経験あり、クローザーとしても最多セーブを獲得している。スモルツ氏は2005年に先発再転向を表明した際、アトランタ・ブレーブスと2年総額2000万ドル(年俸換算で約15億円)の契約を結んでいる。

  経歴からしておそらく、20代後半だった吾郎と2005年当時38歳だったスモルツ氏を単純比較はできないが、同等かそれ以上(吾郎のほうがだいぶ若く、それでいてすでに確固たる実績を残していた)は稼いでいたのではと考えられる。

 『MAJOR』でMLB編が連載されていたのが2008年から2010年ごろなのでスモルツ氏が活躍していた当時と年代的にも近く、スモルツ氏は現実のサンプルとしてかなり近いのではと思われる。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル