top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

第15回「JETCUP(イタリアワイン・ベスト・ソムリエ・コンクール)」村尾真幸さんが悲願の優勝

ワイン王国

今年で第15回を迎えた「JETCUP(イタリアワイン・ベスト・ソムリエ・コンクール)」。全国予選を勝ち抜いた猛者たちがしのぎを削った本大会は、関西勢の活躍も目立つ展開となった。新たなイタリアワイン・ベスト・ソムリエが生まれた瞬間をリポートする。

「日欧商事」代表取締役社長のティエリー・コーヘン氏が、優勝者のコールとともに村尾真幸さんの手を高く掲げた

ドラムロールが会場に響き、結果発表と同時に会場が大きな歓声に包まれた。
「優勝は村尾真幸さん!」

[ 関連記事を読む – イタリア ]

アナウンスとともに、ステージ上の新チャンピオンは喜びを満面に表した。昨年2位から、ついに「JETCUP(イタリアワイン・ベスト・ソムリエ・コンクール)」の優勝にたどり着いた女王は、緊張の中でも堂々と実力を発揮した。11月15日に開催された「第15回 JETCUP」〈主催:日欧商事/後援:駐日イタリア大使館、イタリア貿易振興会、イタリア文化会館〉の熱戦をレポートしよう。

広告の後にも続きます

イタリアワインに関わるソムリエの育成、その知識・技術の向上とイタリアワインの振興を目的として開催されるJETCUP。優勝者にはイタリア研修旅行をはじめ、さまざまな活躍の場が与えられ「イタリアワイン大使」の称号が授与される栄誉あるコンクールだ。

9月から10月にかけて行われた一次、二次予選を経て迎えた11月の本選(準決勝・決勝)。激戦を勝ち抜いた粒ぞろいの6名が決勝へと駒を進めた。その中から尾畑康弘氏(ヴィネリア・ヴィア・ヴィーノ)、村尾真幸さん(ワインバー エンメ)、山田琢馬氏(パレスホテル東京)の上位3名が決勝へ。全国のワイン関係者やワインファンに向けて、決勝戦はユーチューブでライブ配信もされた。

午前中の準決勝には6 名が進出。左から山田琢馬氏(パレスホテル東京)、村尾真幸さん(ワインバー エンメ)、桑原克也氏(ファロ)、福元幸佑氏(神楽坂アッカ)、尾畑康弘氏(ヴィネリア・ヴィア・ヴィーノ)、田中雅洋氏(株式会社帝国ホテル)

日ごろの業務レベルと寄り添うサービス力を審査

厳正な審査を担ったのは、審査員長の水口晃氏、ワインジャーナリストの宮嶋勲氏のほか、歴代のJETCUP優勝者6名とキアンティ・クラッシコの名門「バディア・ア・コルティブオーノ」からエマヌエラ・ストゥッキ・プリネッティさん、「日欧商事」代表取締役社長ティエリー・コーヘン氏の全10名だ。

審査委員

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(グルメ)

ジャンル