top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

ソムリエ・コンクール「トロフェ・アンジュリュス」、近藤佑哉氏が優勝!

ワイン王国

text by Kimiko ANZAI,photographs by Chateau Angelus

ボルドーの名門「シャトー・アンジェリュス」主宰のソムリエ・コンクール「トロフェ・アンジュリュス」の栄えある第1回大会で、近藤佑哉氏が優勝を飾った。優雅でありながらも緊張感に満ちたトロフェ・アンジェリュスの全容をリポートすると同時に、シャトー・アンジェリュスの”日本への思い”もひも解く。

[ 関連記事を読む – ソムリエ ]

2023年11月22日、パレスホテル東京においてトロフェ・アンジェリュス第1回大会決勝とガラ・ディナーが開催された。シャトー・アンジェリュス8代目オーナー、ステファニー・ド・ブアール・リヴォアルさんが本大会審査委員長として来日、また、審査員に田崎真也氏、樹林ゆう子さん、樹林直氏を迎え、進行を石田博氏が行うなど、コンクールは日本ソムリエ協会の強力なサポートのもと、華やかに進められた。

大会審査員。(左から)石田博氏、田崎真也氏、ステファニー・ド・ブアール・リヴォアルさん、樹林ゆう子さん、樹林直氏。緊張感に満ちた雰囲気の中、厳正な審査が行われた

広告の後にも続きます

実は、日本はトロフェ・アンジェリュス初の開催地として選ばれた場所だった。ステファニーさんはこう語る。

「日本は、ファイン・ワインに対する知識を持つ、成熟した市場。これは、ソムリエの皆さまの不断の努力と大きな貢献によるものでしょう。当シャトーが日本に紹介されて約30年が経ちましたが、私たちは、さらに日本で飛躍したいと考えました。そこでソムリエの皆さまにもう一度『シャトー・アンジェリュス』と向き合っていただき、優勝者には1年間、アンバサダーとして私たちと手を携えてほしいと考えたのです」

トロフェ・アンジェリュス実施要綱の発表は2019年に行われ、第一次選考のショートエッセイ、第二次選考の面談とブラインド・テイスティングと進み、ファイナリストも決まった。だが、世界的に猛威をふるったコロナ禍で、2020年2月に予定されていた大会は延期され、ようやく今年、晴れの日を迎えることができたのだ。

栄冠は誰の手に? プレゼンテーションと実技による審査

当日登壇したファイナリストは、近藤佑哉氏(レカングルーブ総支配人兼エグゼクティヴソムリエ)、野村大智氏(NOT A HOTEL MANAGEMENT プロジェクトマネジャー兼ワインディレクター)、須藤亜希さん(ビストロ ヨシミチ共同経営者)の3名。決勝では『シャトー・アンジェリュス』の日本における認知度の個人的認識と、日本市場で行っていきたいプロモーションについて、パワーポイントを使用してのプレゼンテーションと、『シャトー・アンジェリュス1995』に合わせて選んだ料理を審査員にサービスする実技により審査された。

その後、ガラ・ディナーを挟み、ステファニーさんが優勝者を発表。「ユウヤ・コンドウ」の名が呼ばれると、場内には大きな拍手が鳴り響いた。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(グルメ)

ジャンル