top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

「甲子園」があることの意義。特別支援学校の挑戦が示す成長の場としてのスポーツの価値

パラサポWEB

高校生たちが熱い青春をかける「甲子園」。高校生たちの大舞台であると共に、頂点を目指して切磋琢磨する生徒の成長の場となってきました。障がいのある子どもたちにも、そうした「甲子園」があることをご存じでしょうか。

2023年で8回目を数える「全国ボッチャ選抜甲子園(以下ボッチャ甲子園)」。参加校も徐々に増え、ボッチャ日本代表「火ノ玉JAPAN」に入る選手も輩出するなど、その存在感は大きくなっています。今年ボッチャ甲子園に初挑戦した、群馬県立二葉高等特別支援学校の生徒と、挑戦を支える大人たちの想いを追いました。

「やってみたい!」周囲を動かし、ボッチャ甲子園を目指し初挑戦

群馬県は高崎市に位置する群馬県立二葉高等特別支援学校。肢体不自由の生徒が通う、高等部単独の特別支援学校です。2023年、この学校で新しいチャレンジが始まりました。「ボッチャ甲子園」への挑戦です。

群馬県立二葉高等特別支援学校

ある一人の男子生徒の「やってみたい!」という気持ちが始まりでした。
ボッチャ自体は体育の時間などにやることもあり、ボッチャ甲子園のことも先生方が生徒に紹介することもあったものの、出場には至っていなかった二葉高等特別支援学校。そんななか興味をもったのが、今年入学した1年生の髙村蒼汰さんです。

ボッチャは中学校の体育でやったことがあったという髙村さん。1年生ながら生徒会長を務めています

ボッチャ甲子園の存在を知り、大会に出てみたい、と思った髙村さんは動き始めます。友人に声をかけ、同じ1年生の仲間を集めて練習を開始しました。先輩も指導者もいない中、ゼロからのスタートです。

広告の後にも続きます

休み時間などを使って活動を始めた髙村さんたち。職員の方がランプオペレーター(勾配をつけてボールを投げることのできるランプという補助用具をセッティングする役割)を務めてくれたり、練習を友人たちが見守り声をかけてくれたりと、周囲も新しいチャレンジを応援します。

惜しくも予選敗退。そこへ激励訪問が

2023年の全国ボッチャ選抜甲子園は、リモートで課題に取り組む予選と、それを突破したチームが後日会場に集結し争う決勝に分けて行われました。予選では、各校が大会実行委員会から発表された4つの課題に取り組み、その様子を動画で撮影し提出。その動画から課題の総得点などを日本ボッチャ協会が確認し、総得点上位の学校15校が決勝の出場権を獲得します。

髙村さんたち二葉高等特別支援学校のチーム「FTB-Z」の面々も練習や準備を積み重ねます。最初は制限時間内にプレーを終えることができなかったところから、コミュニケーションを重ねてプレーを組み立てられるようになり、無事予選の動画を提出。ボッチャに取り組んで日の浅い中、やってみたい、という意思表示から、たくさんの人の協力を得て形になったひとつの節目でした。

しかし、決勝へのハードルは高く、残念ながら予選突破はならず。そんなとき、うれしい出来事がありました。

それは、今回のボッチャ甲子園に初出場の学校のチャレンジを応援する、大会協賛のNECによる激励訪問イベントです。二葉高等特別支援学校には、東京2020パラリンピックで高橋和樹選手のランプオペレーターとして銀メダルを獲得した峠田佑志郎さん、NEC社員で構成される実力派チーム・NECボッチャ部の山本武洋さん、荻野智史さんが訪問。予選敗退の知らせを受けた直後ではありましたが、ここまでの挑戦を称え今後に向けて応援したいと学校に足を運んでの激励に、髙村さんたちも喜びの表情。

初めて大会に参加してくれたことを労い、これからもボッチャを楽しんでほしいという気持ちから訪問したとNECの皆さんよりあいさつ。訪問の場には、チーム「FTB-Z」以外の生徒も一緒に参加し、楽しみました

イベントでは、峠田さんからボッチャに取り組むときの心構えや大切にしてほしいことなどについてのお話のほか、実際に火ノ玉JAPANの選手たちが行っている基礎練習メニューの体験や、チームに分かれての練習試合を行いました。ボッチャのプレーを学ぶ貴重な機会です。

健常者と障がいのある人が一緒に参加できるインクルーシブ大会・ボッチャ東京カップでの優勝経験があるNECボッチャ部の山本さん(中央)。障がいのあるなしに関わらずプレーできるのがボッチャのいいところ。見事な投球に髙村さんも目を輝かせます とにかく楽しんでボッチャをやってほしい、と生徒たちに語った峠田さん。「喜びや悔しさ、緊張感など、スポーツから学べることを、障がいの有無に関係なくたくさんの人に経験してほしいです」
  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル