top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

ポムロールの2大シャトー、『シャトー・ボールガール』と『シャトー・プティ・ヴィラージュ』の比較試飲

ワイン王国

ボルドー右岸のアペラシオン・ポムロールは、同じ右岸のアペラシオン・サンテミリオンに比べるとややマイナーで話題になることが少ない。これは、栽培面積がサンテミリオンの3500ヘクタールに比べ約800ヘクタールと狭い事、ポムロールの殆どが平坦なブドウ園で観光名所となるようなシャトーなどがない事、さらに格付け制度がなく、ヒエラルキーを巡る話題に欠けるなど、さまざまな背景が考えられる。しかし、メルロの絹のような格別な味わいは、鉄分を含むポムロールの粘土質土壌のみが生み出すもので、ボルドーの右岸の究極の味わいはポムロールにあるとする愛好家もいる。

左から、ヴァンサン・プリウ氏(「シャトー・ボールガール」「シャトー・プティ・ヴィラージュ」管理責任者)、フロランス・カティヤール氏(「シャトー・スミス・オ・ラフィット」オーナー)、オーギュスタン・ベロワ氏(「シャトー・ボールガール」と「シャトー・プティ・ヴィラージュ」のオーナー)

ポムロールでは珍しい瀟洒なたたずまいを見せる「シャトー・ボールガール」

ポムロールの代表的なシャトーとして世界的な名声を持つ「シャトー・プティ・ヴィラージュ」

このほど、パリでポムロールの2大シャトー『シャトー・ボールガール』と『シャトー・プティ・ヴィラージュ』を飲み比べる興味深い催しが行われた。用意されたのはダブルマグナム(『シャトー・プティ・ヴィラージュ 2010年』『シャトー・ボールガール 2008年』)、マグナム(『シャトー・プティ・ヴィラージュ1990年』『シャトー・ボールガール 1995年』)、ボトル(『シャトー・プティ・ヴィラージュ 2020年』『シャトー・ボールガール 2018年』)の計6本。料理は、秋の味覚、キノコ料理のアントレに続いてメイン料理に牛肩肉のフォワグラ包み煮込み、そしてチーズはサンネクテール、カンタルが用意された。

広告の後にも続きます

[ 関連記事を読む – ボルドー ]

『プティ・ヴィラージュ』はボールガールに比べるとやや繊細で、特にダブルマグナムの『プティ・ヴィラージュ 2010年』は最初やや表現が足りず、膨らみある『ボールガール 2008年』と比べかなり差があるように感じた。しかし2回目のサービスでは印象が全く逆転し『プティ・ヴィラージュ』が厚み、深み、果実味をグーンと増し驚いた。

「シャトー・プティ・ヴィラージュ」のブドウ園は10.5ヘクタール。ほぼ三角形の形をしている(左)。『シャトー・ボールガー 2008年』マグナム(右)

今回の試飲でもっと高く評価したのは『シャトー・プティ・ヴィラージュ』の1990年だ。1990年は、現在のカベルネ・フランを増やしたフレッシュなスタイルとは異なり、メルロ主体のクラシックなスタイルが残っている。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(グルメ)

ジャンル