top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

【追悼秘話】もんたよしのり「ダンシング・オールナイト」完成時は手応えのない1曲だった

アサ芸プラス

 昭和が誇るシンガーソングライターがまたひとり、あの世へと旅立った。もんたよしのりさんが2023年10月18日、大動脈解離のため亡くなっていたことが、所属事務所の公式ブログで発表された。72歳だった。

 ソロ歌手としてデビューするも鳴かず飛ばずだったもんたさんは1980年、「もんた&ブラザーズ」を結成して「再デビュー」。自ら作曲した「ダンシング・オールナイト」をリリースすると、累計売り上げ200万枚の大ヒットとなった。もちろん、オリコンチャート売上ランキングでは第1位を記録した。

 2023年8月29日には神戸市内のライブハウスで「もんたよしのり スペシャルライブ ブラボー!2023夏 全員集合」を開催。

「宣伝を兼ねて出演した神戸新聞社のYouTubeチャンネル〈神戸新聞社〉では『間違いないな、きっと面白いステージができる!』と意気込みを語っていました。2021年にはデビュー50周年を飾っており、『激動やったと思う。価値観を変えにいった50年かもわからんなぁ…』と。興味深いのは『ダンシング・オールナイト』完成時は、いい曲ができたという実感や手応えはなかったそうで、『いっぱい作ってたその中で、できた、はい次、みたいな、そんな時代やったから、この曲作った時に、やった、というのは一切なかったな』と振り返っています」(ネットライター)

 これが10週連続で1位を独走するなどとは思ってもいなかったという、なんとも意外な話なのである。

広告の後にも続きます

(所ひで/ユーチューブライター)

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル