top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

産後の復帰、お金の話、キャリアプラン、次の妊娠…一児の母が語る競技復帰とこれから

パラサポWEB

競技への本格的復帰に向けて、第1子をいつ保育園に入れるか悩み中の、パラノルディックスキー・阿部友里香。ママアスリートとして1年先輩のパラ陸上・齋藤由希子は、この1年で保育園、子連れでの国内遠征、そして初めて子どもと離れた海外遠征と経験を積み重ねてきた。今回の対談では、ママパラアスリートの競技と子育てとの両立を考える。

阿部友里香(あべ・ゆりか)|ノルディックスキー
パラリンピック4大会目となる2026年のミラノ・コルティナ大会出場を目指している。「走りは得意ではないけど、いろいろな競技に興味あり。クロストレーニングでボートにも乗っています」。日立ソリューションズ所属。

齋藤由希子(さいとう・ゆきこ)|陸上競技
砲丸投げでパリ2024パラリンピックの金メダルを目指す。生涯自己ベストは12m96。「水泳はまったくですが、アルペンスキーにチャレンジしてみたいな。障害者野球をやろうか考え中」。SMBC日興証券所属。

子どもは遠征に連れて行ける!?

アスリート社員として企業に所属しているふたり。企業や競技団体によって産前産後のサポート体制も異なるようだ。早めの復帰にも共通の理由があった。

阿部友里香(以下、阿部):産休はどれぐらい取ったんですか?

広告の後にも続きます

齋藤由希子(以下、齋藤):2月の2週目ぐらいに産休に入って3月末に出産。そこから丸2ヵ月お休みしたあと復帰したので、3ヵ月半ぐらいでしょうか。

阿部:産後の復帰が早かったですね。

齋藤:これはひとえにお給料をもらうためです! 私はアスリート採用で、競技活動をすることでお給料がもらえることになっているんです。だんなに1年間の育休を取ってもらったのですが、その分、世帯収入が減ってしまったため、だんなの分も稼がなきゃと思って。阿部選手は、もう復帰しているんですか?

阿部:はい。スキーってすごくお金がかかるから働かないと。

齋藤:やはり、そうですよね。競技活動はお金が必要ですから。産前は自分の競技のことだけを考えればよかったのですが、産後、競技活動を本格的に再開すると、育児サポートにもお金がかかるようになりますしね。

「娘は夜もしっかり寝てくれるし、夜泣きもほとんどなくて助かっています。首が座ってから育児も少し楽になりました」と阿部

阿部:そうですよね。所属先が育児について金銭的なサポートもしてくれるんですか?

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル