top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

「電話の向こうで“パパー”って…」板尾創路の“1歳長女との別れ”告白にネット絶句「聞いてるだけでも辛い」

女性自身

「いや、本当突然だったので……。数時間前まで元気だったのが、もう一変しましたね」

 

2023年8月10日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系)でこう語ったのは、板尾創路(60)だ。

 

’98年、8歳年下の一般女性と結婚した板尾。’07年9月に長女の英美さんが誕生したものの、英美さんは’09年8月に突然意識不明となり急逝。わずか1歳11ヵ月の命だった。そんな愛娘との早すぎる別れを板尾は冒頭のように明かした。

広告の後にも続きます

 

‘13年、同番組に出演した際、「仕事が終わって帰ろうと思って、留守番電話を聞いたら、奥さんから電話が入ってて、『今ご飯食べてもう寝るからね』とか言って。電話の向こうで『パパー』って言ってる声が聞こえて。で、何分後かしたら、嫁から着信があって。『もう全然呼吸はしてなくて。どうしよう』って……」と英美さんが亡くなった当時を回想していた板尾。

 

この映像を振り返った後、司会を務める黒柳徹子(90)から「あれから14年が経ちますけど、ご長女は家族のなかでどういう存在?」と尋ねられると、「生まれてきてくれて、うん。幸せというか……」と言葉を選ぶように答えた。

 

そして長女が亡くなってから約3年後に生まれた次女について、黒柳から「長女にヤキモチを焼いて。『お姉ちゃんのほうが可愛いんでしょ』なんて言う」と話を振られると、「そうなんですよ。お姉ちゃんの写真とかあるじゃないですか。手合わせたり、お姉ちゃんの話すると、すっごいヤキモチ焼くんですよ」と述べた。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル