top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

元大関・栃ノ心の引退理由にファン落胆「悪夢が現実に」 会見にも驚きの声、母国の豪邸にも再注目?

リアルライブ

 19日に現役引退を表明した十両・栃ノ心(元大関)。引退会見でのコメントが話題となっている。

 報道によるとこの日、両国国技館で会見を行った栃ノ心は引退理由について「1月場所で肩のけがをして自分の相撲を取れなくなった」と説明。同席した師匠・春日野親方(元関脇・栃乃和歌)も「(左肩脱臼が)致命傷になったのは確か」と口にしたという。

 現在35歳の栃ノ心は今年1月場所4日目の平幕・琴勝峰戦で左肩を脱臼し翌5日目から休場。同戦では取組終了直後に右手で左肩付近を押さえながら5秒ほどその場で棒立ちになったり、花道を引き揚げる際も左肘を曲げ体に密着させたまま険しい表情を浮かべたりとかなり痛そうな様子を見せた。

 加えて、対戦相手の琴勝峰が取組後に「取り組んでいる時に相手の肩から音がした」とコメントしたことから、引退の引き金を引くような大けがになるのではと不安視するファンも少なくなかった。

 >>大相撲、栃ノ心が取組後に左肩押さえ悶絶!「肩から音がした」対戦相手も証言、休場招いたアクシデントに心配相次ぐ<<

 脱臼後は3月場所で「5勝10敗」、5月場所は「0勝6敗」と右肩下がりのまま引退となった栃ノ心。ネット上には「1月に恐れてた悪夢が現実になってしまった…」、「本当に引退に繋がってしまって悲しすぎる」、「何とか乗り越えてほしかったけどやっぱり厳しかったか」といった落胆の声が寄せられた。

 ファンから惜しまれつつ土俵を去る栃ノ心だが、引退会見では今後の動向についても語り注目が集まっている。栃ノ心は具体的な動きはこれからとしつつも「協会には残らないですけど、日本は好きですし、日本に住みたいなと思います。(出身の)ジョージアと日本を、行ったり来たりできたらいいなと思います」とコメント。相撲協会からは離れ、両国をまたにかけた仕事、活動をしていきたいと意向を口にしたという。

 「栃ノ心は2020年にジョージア・ムツケタ市の実家近くに豪邸を建てたことが報じられています。2000平方メートルに上る敷地内に2棟の建物を建設し、住居スペースの他に自分専用のレストランやトレーニング施設、さらにはこれまでに獲得したトロフィーなどを展示するコーナーも設けているそうです。これだけの豪邸を母国に構えながら、日本を拠点として活動していくという口ぶりに驚いたファンもいたようです。また、協会に残らないという点についても、栃ノ心は帰化しておらず親方転身できないため自然な選択とはいえますが、元大関の技術、経験が下の力士に還元されないことを惜しむ声は絶えません」(相撲ライター)

 2006年3月の初土俵からキャリアをスタートさせ、2018年1月場所ではジョージア出身力士として初めての優勝(13勝2敗)を果たした栃ノ心。具体的な時期はまだ未定だが、引退相撲・断髪式を行うまでは春日野部屋に残り後進の指導にあたるという。

文 / 柴田雅人
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル