top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

蒲郡vs桜台

高校野球ドットコム

蒲郡が、大先輩・千賀 滉大投手のメジャー3勝目にあやかり5回コールドで快勝

蒲郡・酒井 悠輝

<春季高校野球愛知県大会:蒲郡10-0桜台(5回コールド)>◇22日◇1回戦◇阿久比スポーツ村

 名古屋地区1次予選では、シード校となっていた名経大市邨や名古屋市工を退けて、1位となり、2次トーナメントに進出した桜台。2次トーナメントでは、中部大春日丘に大敗してしまったが、県大会の初戦ではどのような戦いになっていくのだろうかと思われた。

 蒲郡は東三河地区1次リーグでは3位となり、順位決定2次トーナメントで国府を下して県大会進出を果たした。今季からメジャーリーグへ進んで活躍しているメッツ・千賀 滉大投手の母校ということで一躍、中央でも知られる存在になった。東三河地区で部活動にも一生懸命取り組んでいる普通の公立校である。

 蒲郡は初回、桜台の八城 蒼投手(3年)の立ち上がりを攻める。先頭の伊藤 廉内野手(3年)がいきなり三塁線二塁打で出ると、バントで三塁へ進め、山出 益来内野手(2年)の中犠飛で先制。さらに、4番・酒井 悠輝投手(3年)以下、原田 虎俐栖外野手(3年)、松橋 航太内野手(3年)、渡邊 丞英内野手(3年)と4連打で2点を追加して初回に3点を奪った。積極的な打撃と走塁も光った。

 2回にも蒲郡は四球と伊藤の左前打で無死一、二塁とし、しっかりとバントで送ってから山出の中前打、酒井の左翼線二塁打と中軸が相次いで打ってリードを広げていく。

広告の後にも続きます

 たまらず桜台の加藤直樹監督は、八城を退けて、3回から小野田 翔投手(2年)を送り出した。しかし、勢いづいている蒲郡打線は8番・吉田 憲立捕手(3年)が中越え三塁打すると、四球で一、三塁となってから、重盗で追加点を挙げる。さらに蒲郡は、4回にも原田の二塁打などで2点を追加。大きくリードを広げていく。

 初回、先頭打者に安打された蒲郡の酒井だったが、大量リードもあって、楽に投げていかれたようでもある。都合、3度先頭打者を許したものの、その後は慌てることなく冷静に投げていっていた。

 この日のスポーツ新聞では、今季からメジャーリーグのメッツに在籍している千賀投手が3勝目を挙げたというニュースが報じられていた。大谷卓司監督は、「こうした大先輩が在籍していたということにもあやかりたいですね。今日は、攻守にいいところが出ました。走塁に関しては、失敗もOKということで積極的にいかせていきましたが、それがいい形に出ました。練習でやってきたことがしっかり出せたのではないかと思います」と、いい形の県大会発進となった。

 桜台としては、この日はほとんどいいところを示すことができず、完敗となってしまった。

(取材=手束 仁)

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル