top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

世界5300億円超!日本発大ヒットシリーズ、待望の新シリーズがスタート!『トランスフォーマー/ビースト覚醒』公開決定!初の映像素材、ポスタービジュアルが到着!

cinefil

2007年、マイケル・ベイ監督、スティーブン・スピルバーグ製作総指揮によって、記念すべき1作目が製作され、空前の大ヒットを叩き出した『トランスフォーマー』。シリーズ全6作品の世界累計興行収入は48億4700万ドル(約5331億円※1)を突破!まさにハリウッドを代表する、記録的大ヒット超大作となった本シリーズ。待望の最新作にして、新シリーズの幕開けとなる『トランスフォーマー/ビースト覚醒』が2023年夏に日本公開することが決定!
そして初の映像素材となる最新予告映像、ポスタービジュアルが到着いたしました!
※1 1ドル110円換算(2021年6月21日現在)

昨年、最新作のタイトル解禁時には、過去のアニメシリーズ中でも絶大な人気を誇り、熱狂的なファンを生んだTVアニメーション「ビーストウォーズ 超生命体トランスフォーマー」(97-98)を想起させる“ビースト”のワードが入った最新作のタイトルが大きな話題を巻き起こした本作!

この度解禁した予告映像は、そんなファンの熱い期待に答えるように、「数百万年の間 地球は進化したが 今 未知なるものが 覚醒する」という言葉に続いて、シリーズ初登場、待望の参戦ともいえるビーストウォーズの主役である、ゴリラ姿の=”オプティマスプライマル”が登場!その巨大で驚くべき姿に、武器を構え警戒するオプティマスプライムに対し、オプティマスプライマルは「敵は私ではない。地球に危機が迫っている」と忠告します。続けて黄色いフォルムでお馴染みのバンブルビーのほか、新キャラとなる個性的な新トランスフォーマーたち、さらにはチーターやサイ、ハヤブサといった他のビーストたちの姿も映し出され、地球に襲いかかる謎に包まれた強大な敵を相手に共闘する。予告編最後には、プライマルが、ゴリラモードから戦闘モードにトランスフォームし繰り広げられる敵味方トランスフォーマーが集結した大迫力バトルシーンに、本編への期待が高まります!

一方、本作でトランスフォーマーたちと新たな物語を紡いでいく登場人物として、『イン・ザ・ハイツ』(21)の主演や、マーベル「アイアンハート」への出演も話題になったアンソニー・ラモスが登場。ポルシェからトランスフォームするミラージュと出会い、王道の“ボーイ・ミーツ・ロボット”な展開で、世界の命運を賭けた冒険を繰り広げることが予想されます。また、第93回アカデミー作品賞にノミネートされた『ユダ&ブラック・メシア 裏切りの代償』(21)で重要な役を演じたドミニク・フィッシュバックも出演するなど、ハリウッドの新星が続々と参加!彼らがトランスフォーマーたちとどのように絆を深めていくのかにも目が離せません!予告編ラストの勇ましいタイトルコールにも興奮必至の最新映像となっています!

映画『トランスフォーマー/ビースト覚醒』特報

広告の後にも続きます

オプティマスプライムやバンブルビーの姿も今回新たなデザインにトランスフォーム!
キャストやストーリーも一新し、ファン待望の“ビースト”トランスフォーマーが参戦した本作。シリーズ未見の方も必見の”生まれ変わった新たなトランスフォーマー”最新作『トランスフォーマー/ビースト覚醒』に引き続き、ご期待ください!

監督:スティーブン・ケイブル・Jr. 『クリード 炎の宿敵』(18)
製作:ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ 『トランスフォーマー』シリーズ、『G.I.ジョー』シリーズ、『RED』シリーズなど

出演:アンソニー・ラモス 『イン・ザ・ハイツ』(21)『アリー/スター誕生』(18)、ドミニク・フィッシュバック 『ユダ&ブラック・メシア 裏切りの代償』(21)『ヘイト・ユー・ギブ』(18)

全米公開:2023年6月9日
原題:Transformers: Rise of the beasts
配給:東和ピクチャーズ

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル