top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

トランプ氏のTwitter凍結解除をアンケートで決めたイーロン・マスク氏…投稿の規制緩和の表れか 石戸諭氏が指摘「個人的に調べただけ」

ABEMA TIMES

 自身のTwitterでトランプ氏のアカウントについて凍結を解除するべきか投票を呼びかけていたイーロン・マスク氏。

【映像】アンケートで凍結解除したトランプ氏のTwitter

 19日、解除に「賛成」が51.8%と「反対」を上回ったとして、アカウントの凍結を解除すると発表した。

 マスク氏は自身のTwitterで「民衆の声は、神の声だ」このように投稿し、トランプ氏のアカウントは復活した。

 ただ、トランプ氏のアカウントは、去年1月に起きたアメリカ連邦議会への乱入事件で、暴力を煽った疑いがあるとして、利用が永久停止となったもので、投票で復活を決めたことに懸念の声もあがっている。

広告の後にも続きます

 このニュースを受けて、ニュース番組『ABEMAヒルズ』のコメンテーターでノンフィクションライターの石戸諭氏に話を聞いた。

――トランプ氏のTwitterアカウントの凍結解除について

「Twitter社が今後どうなっていくのか大きく注目している。トランプ前大統領のアカウントが、なぜ凍結されたかと言えば、昨年1月に起きたアメリカ連邦議会の乱入事件で『暴力の先導』というところ。この行為に対して、凍結という措置が取られている。この間、社会的問題に対して、TwitterだけではなくSNSやインターネットを運営する各社は責任を問われてきた。(そうしたなかで)ヘイトスピーチなどを厳格に取り締まるという方向で進んできた。しかし、イーロン・マスク氏が実権を握ったことにより、(トランプ氏の)この措置を見る限り、色んな投稿に関する規制を緩めていくようなメッセージとして、捉えていいのかなと思った」

――アンケート結果でトランプ氏のアカウントの凍結解除に至ったことについて

「アンケートと言っても、Twitterのアカウントをどういう人が使っているかよく分からない。投票した人たちだって、本当に人間が運用しているのか。そのよくわからない神の声なるもので、決めてしまうことにかなり危機感がある、僕は危惧している。イーロン・マスク氏が個人的に調べただけ。それに対して、会社の意思決定であるとするならば、『こうするんだ』というの示すべき。そこで民衆に責任を押し付けてもいけないのかなと。あくまでも会社の責任で決めるべき」

――投稿の規制が緩和されることによってのプラットフォームの社会的責任について

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル