top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ウォン・カーウァイ監督4Kレストア〈WKW4K〉が、全国各地でロングラン続出の大ヒット!上映館数は70館を突破し拡大!延べ7万動員に迫り、パンフも異例の1万部を突破!

cinefil

2000年、第53回カンヌ国際映画祭にてトニー・レオンが主演男優賞を獲得し、ウォン・カーウァイ監督の代表作となった『花様年華』(00)。その、制作20周年を記念し、監督自らの手により過去作を4Kレストアするプロジェクト〈WKW4K〉。

その中より、
香港の重慶マンション周辺を舞台に、トニー・レオンと金城武が演じるふたりの警官の失恋とすれ違う恋模様を描く『恋する惑星』(94)、
香港のネオン街で織りなされる男女5人の恋と青春を描く群像劇『天使の涙』(95)、
レスリー・チャンとトニー・レオンが傷つけ合いながらも愛し合う恋人同士を演じた『ブエノスアイレス』(97)、
トニー・レオンとマギー・チャンが互いに伴侶を持つ身でありながら惹かれ合う男女を演じた大人のラブストーリー『花様年華』
トニー・レオン、チャン・ツィイーなどアジアの人気スターが多数出演するSFラブストーリー『2046』(04)、
の5作品が、シネマート新宿、立川シネマシティほかにて全国順次公開中です。

【予告編】〈WKW 4K〉ウォン・カーウァイ4K

ウォン・カーウァイ監督×撮影監督クリストファー・ドイルの名コンビが生み出す映像は、それまでのアジア映画のイメージを一新し、90年代に日本で巻き起こったミニシアターブームを牽引する存在となり、そのスタイリッシュな映像と世界観は今もなお多くのクリエイターに影響を与え続けている。
この度の4Kレストアに関して、ウォン・カーウァイ監督自身が「単なる焼き直しではなく、新たに生まれ変わった作品」とコメントしており、画面サイズ、色味など、かなり多くの箇所が修正されているのも注目されている点だろう。
当時ハマった方も、配信等で知った若い世代も、この機会に劇場で新しい作品として生まれ変わったウォン・カーウァイ作品の魅力に浸ってほしく、スタイリッシュなポスターを数種類作成。祭り的盛り上がりを打ち出すため、スタンプラリーやクラブイベントなどを実施。5作品をまとめたパンフレットも完売相次ぎ大好評だ。

▼全国各地ロングラン続出の大ヒット!

広告の後にも続きます

 8月19日(金)から公開し、20代の若者も含めた異例の大ヒットを受け、シネマート新宿、立川シネマシティ、シネマート心斎橋では続映を続け10月に突入、約2ヶ月の上映となる。9月30日(金)を以て閉館となったテアトル梅田では最終日も『恋する惑星』が満席となり、あまりの人気に翌日10月1日(土)からはシネ・リーブル梅田にムーブオーバーして上映を継続、福岡、名古屋、神奈川、静岡、さらには先日9月30日(金)より上映が始まった下北沢のK2などでも満席となる日が相次ぎ、続々と全国で上映延長を発表。
予想を超えた息の長いロングラン上映を続けており、反響を受け上映決定館数は70館を突破。ミニシアターランキングは7週間で5作が10位以内に18回ランクイン、『恋する惑星』は3回1位を獲得
、動員は延べ7万に迫り、興行収入は近日中に5作併せて1億を突破する見込みだ。

▼パンフレットも異例の売り上げ!新デザインの帯も販売決定

 現在、劇場で販売中である5作の魅力をまとめた全64ページの豪華パンフレット5作合本(税込1,800円)も大好評につき、一時は2日以内に納品分が完売してしまい、増刷が追いつかないほどの勢いの売れ行きを見せ、これまでで販売累計1万部を突破。この度、10月8日(土)頃より販売分より一部劇場にて、新たなカバーデザインバージョンである第3刷、赤帯ver.が販売開始!(内容は同一)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル