top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

岡田准一、『人生クライマー』ナレーションを担当 「勇気がもらえるドキュメンタリー」

Real Sound

岡田准一

 11月25日より劇場公開される『人生クライマー 山野井泰史と垂直の世界 完全版』のナレーションを岡田准一が担当することが決定。あわせて予告編とポスタービジュアルが公開された。

参考:岡田准一はなぜアクションを極めたのか 『ザ・ファブル』にみる、特異な俳優の才能

 今年3月にヒューマントラストシネマ渋谷にて開催された『TBSドキュメンタリー映画祭2022』でクローズド作品として上映された『人生クライマー 山野井泰史と垂直の世界』に9分の新規カットを追加した「完全版」となる本作は、世界の巨壁に“単独・無酸素・未踏ルート”で挑み続けたクライマー・山野井泰史の足跡を、未公開ソロ登攀映像や生涯のパートナーである妻・妙子への取材、関係者の証言などとともに振り返るドキュメンタリー。

 起点は1996年、ヒマラヤ最後の課題といわれる「マカルー西壁」にアルパインスタイル・ソロで挑むという挑戦への密着取材。その後、山野井をめぐっては、2002年に沢木耕太郎の著作『凍』でも描かれた「ギャチュンカン」登頂後の壮絶なサバイバルがあり、凍傷で手足の指10本を失うことになる。さらに2008年には奥多摩山中で熊に襲われ重傷を負うアクシデントにも遭遇した。それでもなお“垂直の世界”に魅せられ、挑戦し続ける登山家の魂にカメラは迫る。

 登山家・山野井泰史は、2021年に登山界最高の栄誉で登山界のアカデミー賞ともいわれる「ピオレドール生涯功労賞」をアジア人として初受賞し、ラインホルト・メスナーやダグ・スコット、ヴォイテク・クルティカなどと並んでクライミングの歴史に名を刻むこととなった。山岳雑誌『山と溪谷』読者の「好きな登山家第1位」(2016年1月号)にも選ばれ、先月には単行本『CHRONICLE クロニクル 山野井泰史 全記録』が出版。コミック誌『ビッグコミック』では伝記漫画『アルパインクライマー-単独登攀者・山野井泰史の軌跡-』も連載中だ。

広告の後にも続きます

 監督を務めたのは、自らもヒマラヤ登山経験のあるジャーナリスト武石浩明。公私ともに交流しながら山野井を25年間追い続けた。

 山好きとして知られる岡田が本作の本編ナレーションを担当。山岳映画『エヴェレスト 神々の山嶺』(2016年)で主演を務めた岡田は、今回“初体験”となったドキュメンタリー映画のナレーションについて、「山野井さんは、日本が誇る、知ってもらいたい日本人の一人」と想いを語った。本編中には、『エヴェレスト 神々の山嶺』の山岳コーディネーターで友人でもある今井健司氏(2015年、ヒマラヤで行方不明)の姿も映っており、思わず言葉に詰まってしまう瞬間も。

 公開されたポスタービジュアルは、過酷な挑戦を続け、今もなおクライマーとして垂直と闘い続ける山野井の近影を全面に起用している。

■岡田准一 コメント

僕自身山好きで、クライマーは憧れの存在。なかでも山野井さんは、混じり気のない眩しい存在で、その純度の高い生き方には美しさを感じます。
日本が誇る、知ってもらいたい日本人の一人です。
今回、初めて“語り”という形でドキュメンタリー映画に参加しました。
本編中にはヒマラヤで行方不明になった知人の姿も映っていて、言葉に詰まってしまう瞬間もありました。
極限に挑むクライマーの“魂の震え”を感じ、勇気がもらえるドキュメンタリーです。
是非、ご期待ください。
(リアルサウンド編集部)

TOPICS

ジャンル