top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

タスマニアのスパークリング「ハウス・オブ・アラス」発売

ワイン王国

注目のワイン産地、オーストラリアのタスマニア州。10月1日、タスマニアのスパークリングワイン専門ブランド「ハウス・オブ・アラス」の4アイテムが日本で発売となった。

ハウス・オブ・アラスは1995年、醸造家エド・カー氏が世界最高のスパークリングワイン造りを目指し、10 年以上かけて造り上げたスパークリングワイン専門ブランド。冷涼な気候で注目されるタスマニア南部および南東海岸部のブドウを使用し、繊細な味わいを表現している。
カー氏は2011 年に国内の雑誌『グルメ・トラベラー』が選ぶワインメーカー・オブ・ザ・イヤーを受賞するなど、その才能が高く評価されている。
またフラッグシップである『レイト・ディスゴージド 2004年』が、ワイン誌『デキャンター』のワイン・オブ・ザ・イヤー スパークリング部門においてトップスパークリングの栄誉に輝くなど(2020年度)、オーストラリア随一のスパークリングワインとして知られている。

[ 関連記事を読む – スパークリング ]

『ブリュット・エリート・キュヴェ』
白泡・辛口
ブドウ:ピノ・ノワール、シャルドネ、ピノ・ムニエ
参考小売価格:1万2000円

広告の後にも続きます

『グラン・ヴィンテージ』
白泡・辛口
ブドウ:シャルドネ、ピノ・ノワール
参考小売価格:1万5000円

『ヴィンテージ・ロゼ』
ロゼ泡・辛口
ブドウ:シャルドネ、ピノ・ノワール
参考小売価格:1万9000円

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(グルメ)

ジャンル