top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

八村倫太郎が感じた“歌の力” 『君の花になる』音楽が縮めた仲間との距離

Real Sound

×
八村倫太郎(撮影:池村隆司)

 本田翼が主演を務める10月18日スタートのTBS系火曜ドラマ『君の花になる』。本作は、ある出来事により挫折した元高校教師の主人公・仲町あす花が、崖っぷちボーイズグループ・8LOOMの寮母となり、一緒に“トップアーティストになる夢”に向かっていく物語。

【写真】八村倫太郎撮り下ろしカット

 劇中に登場するボーイズグループ“8LOOM”は、期間限定のボーイズグループとして現実世界でも実際にデビュー。物語と連動したライブやイベントなど多岐にわたる活動を行う予定で、9月21日には1stシングル「Come Again」が配信リリースされた。

 8LOOMのメンバー・一之瀬栄治役を演じるのは八村倫太郎。ホリプロ初の男性ダンスボーカルグループ「WATWING」のメンバーとして、2021年9月に「Take off,」でメジャーデビュー。役者としては、昨年『ホメられたい僕の妄想ごはん』(テレビ大阪)で初演技を披露し、現在は映画『サバカン SABAKAN』が公開中。本作でGP帯の連続ドラマ初出演を果たす。

 『君の花になる』に出演が決まったときには、「素直にめちゃくちゃ嬉しかった」と八村。「僕自身もグループで音楽をやっているんですけど、ずっとやってみたかったお芝居と、ふだんやっていることが繋がるということで、すごくワクワクしました。不安もあったんですけど、このメンバーなら絶対楽しくなるだろうなっていう自信があるので、始まるのがすごく楽しみです」と胸を踊らせる。

広告の後にも続きます

 オーディションでは高橋文哉、宮世琉弥、NOAと共にグループ審査に臨み、「今、一緒になれて本当嬉しいですね」とにっこり。あらためて「めっちゃ緊張しました」と当時を振り返り、「誰がどの役に合うのか配役を考えながら、いろいろな役で読み合わせを試したりして。僕はこれまでそんなにオーディションを受けていないんですけど、たぶんこういうオーディションって他にはないんだろうなと思うので、すごく貴重な経験になりました」と喜びを噛みしめた。

 演じる一ノ瀬栄治の愛称は「エイジ」、メンバーカラーは「白」。メン花は「マーガレット」で、「真実の愛」「信頼」「真実の友情」といった花言葉がある。八村は「一ノ瀬栄治はしっかり者の現役大学生で、リアリストゆえにネガティブなことを言って、みんなを盛り下げてしまうようなところがあるキャラクターです」と役どころを紹介し、自身との共通点については「まとめ役だったり、グループ全体をちょっと俯瞰して見るようなところ」と語る。

 「だからこそ、理想と現実のギャップに悩みながら、『選択肢を多くとっておこう』と考える人間なんだと思っています」とキャラクターについて分析し、「自分はどちらかというとみんなを明るくするタイプの人間だと思うので、そこがちょっと難しい」と役作りへの本音を吐露。それでも、「自分なりにネガティブさを出していきたいですし、パフォーマンスとのギャップにも注目していただければ」と力を込めた。

 WATWINGの活動と並行して、8LOOMメンバーとして歌にダンスに励む毎日を過ごす八村。「レッスンを重ねているとはいえ、僕たちはまだ出会って間もないと思うんです。だけど、音楽にのせて一緒にダンスをしたり、歌ったりすると、自然と自分の素が出るというか。個人的には、音楽のおかげで距離感がどんどん縮まっているなと感じています」と充実の日々を語り、「8LOOMの曲って、めちゃくちゃいいんですよ。だからこそ難しいんですけど、この7人でパフォーマンスができたらすごく感動するだろうなと思うので、それを楽しみに頑張っています」と声を弾ませる。

 そんな八村に<花=原動力>を聞くと、「家族や友達や、応援してくれるファンの方々ですね。僕はとても恵まれていて、周りにはたくさんの綺麗な花が咲いているんです」と、自分を支えてくれる人たちへの感謝を口にする。さらに、「その綺麗な花にお水をあげたり、太陽になったりできるように頑張りたいなと思っています」と飛躍を誓った。

 「この7人の1人になれて、こんなに素晴らしい企画に参加できて、本当に幸せだと思っています」と素直な思いを明かした八村は、「何か自分にできることがあったら全て注いでいきますし、自分にできること以上に頑張っていきたい」と自身を鼓舞。「ドラマの内容だけではなくて、音楽だったり、パフォーマンスだったり、本当に楽しめるところがいっぱいあります。最高のエンターテインメントを届けていきたいなと思っているので、よろしくお願いします」と笑顔で呼びかけた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル