top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

超・超・超かたい体が柔らかくなる30秒ストレッチを人気YouTuber理学療法士が伝授!

パラサポWEB

コロナ禍の運動不足を解消しようと、フィットネス系のYouTubeチャンネルが人気だ。中でも、骨格と筋肉の構造を熟知した理学療法士であるストレッチ系YouTuberオガトレ氏は、簡単でわかりやすく、誰でもすぐに始められることから、その内容が書籍化されるなど、話題となっている。そんなオガトレ氏に、体が柔らかくなることのメリットや、オススメの柔軟体操とそのコツを教えてもらった。

なぜ体は柔らかいほうがいいのか?

ストレッチ系人気YouTuberのオガトレ氏

ちまたにはストレッチの書籍や、ウェブ記事など、体を柔らかくすることを目的としたコンテンツがあふれている。しかし、そもそもなぜ体は柔らかくしたほうがいいのか? それには大きく3つの理由があるとオガトレ氏は考えている。

(1)慢性的な痛みや、体の故障を予防できる
(2)姿勢がよくなる
(3)痩せやすい体になる

体が柔らかくなるだけで、どうして姿勢がよくなったり、痩せやすくなったりするのか、3つのメリットについてオガトレ氏はこう説明する。

「人間の体にたくさんある関節は筋肉や骨を通して連動している部分が多いんですね。たとえば肩回りの動きが悪くなる四十肩や五十肩の方は、手を上げるときに体をのけぞらせるような動きになります。そうすると連動して腰に負担がかかる。腰痛の方は腰の上にある肩甲骨や肩周りが硬かったり、あるいは腰の下の股関節周りの筋肉が硬かったりして、腰に負担がかかっているケースが非常に多いんです。でも全身を柔らかくすることで、痛みを分散させたり、腰痛や膝痛などの故障の予防をしたりできます。

広告の後にも続きます

筋肉の柔軟性が落ちたり、筋力が少なかったりすると、猫背や反り腰などの不良姿勢になると言われています。姿勢がよくなると好きな服を格好よく着られるなどの見た目のメリットもありますが、生産性や集中力のアップにも影響すると思います。

3つ目の痩せやすくなるというのは、体が柔らかくなったから痩せるということではありません。体が柔らかくなると、可動域が広がり、体を動かしやすくなるので、日常の活動量が増える。結果として基礎代謝と活動代謝が上がって痩せやすい体になるということです」(オガトレ氏 以下同)

体が硬い人と柔らかい人がいるのはなぜ?

 ©Shutterstock

体を柔らかくすることには、さまざまなメリットがあるとはいえ「体質的に体が硬いので、柔らかくならない」と諦めている人も多いのではないだろうか。しかしオガトレ氏によると、最初から体が硬い人はいないのだそうだ。

「体が硬くなるのは2つのパターンがあると思います。1つは日常的に体を動かす必要がない生活をしているため、体が自然に硬くなってしまうパターン。運動量が少ないということですね。もう1つは、動くのが上手ではない人。たとえば、スポーツが苦手だという人は、スポーツをする時に緊張や自信のなさから、体に無駄な力が入ってしまって、うまく動かすことができない。それでますます苦手意識が生まれて、運動をしなくなる。結果として体の可動域がどんどん狭くなって体が硬くなる。その2つのパターンが考えられます」

しかし、どちらの場合も後天的な理由なので、大きなケガや病気がなく、正しいやり方で動かしさえすれば、40代以降でも体を柔らかくすることは可能だとオガトレ氏は太鼓判を押す。特に60代以降になって体が硬いとケガなどの原因にもなるので、ぜひとも正しい方法を知って、体を柔らかくしておきたいものだ。

体を柔らかくする簡単ストレッチ 準備編

 ©Shutterstock

ストレッチで体を柔らかくするには、ある程度の期間続ける必要がある。これからご紹介するストレッチの場合も、効果を実感できるには2週間ほどかかるそうだ。この間、挫折せずに継続するには、以下のルールを守ってほしいという。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル