top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『鎌倉殿の13人』佐藤二朗だから完璧に演じられた“悪役”比企能員 義時の覚醒トリガーに

Real Sound

 佐藤は自身のTwitterで、「3ヶ月前、撮影終了をねぎらう三谷さんからのメールに「世間の評が『コイツが死んでせいせいした』となるといいなと思ってやりました」と返信した。なんというか、ご覧頂いた方々、本当にありがとう。次回も是非。」と第31回「諦めの悪い男」の視聴をすすめるつぶやきをアップしていた。確かに、放送後のSNSでは全成の非業の死を悲しむあまり「全部比企のせい」と、佐藤二朗の悪役ぶりを絶賛するコメントが並び、話題になっていた。

 予告には「比企能員の乱」とあり、善児を前にして斬られなかった比企能員の最期が描かれるようだ。義時を覚醒させ、その意識を大きく変えた比企能員。その運命を最期まで見届けるときが近づいている。(池沢奈々見)

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル