top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「ソフトバンク」日本上場企業で過去最大「赤字3兆1627億円」の仰天!

アサ芸Biz

×

 8月8日、ソフトバンクグループ(SBG)は2023年3月期第1四半期(4~6月)の決算を発表し、最終損益が3兆1627億円の赤字となったことが明らかとなった。日本の上場企業の四半期ベースの最終赤字としては過去最大となる。

「携帯電話大手『ソフトバンク』は堅調な業績だったものの、投資ファンド『ソフトバンク・ビジョン・ファンド』が世界的な株安と急速な円安の影響で2兆3000億円の評価損失と8200億円の為替差損を計上しました。同ファンドではピーク時におよそ7兆円あった利益がほぼゼロになるなど大打撃を受けており、孫正義会長兼社長は会見で『有頂天になっていた自分が恥ずかしく、反省している』『悩みが頭髪にどんどん出てきている』と暗い表情で語るなど落胆の色を隠せない様子でした」(フリーライター)

 過去最大の赤字を記録したSBGにネット上では、《日本を代表する企業がこんなハイリスクハイリターンな投資をするとは驚き》《3兆円の赤字で潰れないのが不思議だ》《もともと7兆の利益があったから何とかなっているんだろうけど、グループの社員は笑えないだろうな…》《たった3ヶ月で小国の国家予算が吹き飛ぶなんて、もはや投資でもギャンブルでもなく理解不能だ》などと驚きの声が飛び交っている。

「SBGは21年3月期連結決算の最終損益が4兆9879億円の黒字で、翌22年3月期が1兆7080億円の赤字、そして今回の赤字ですから、同グループの株主たちはジェットコースターに乗っているような気分ではないでしょうか。孫会長は株安の今だからこそ改めて攻めたい気持ちもあるようですが、『それを今やると取り返しのつかない痛手を負う』と新たな投資はしばらくは抑える方針であることを明らかにしています」(経済ジャーナリスト)

広告の後にも続きます

 果たして、次の第2四半期の損益がどうなっているのか、注目したいところだ。

(小林洋三)

【写真ギャラリー】大きなサイズで見る

TOPICS

ジャンル