top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

夏に食べたい!栄養たっぷり枝豆レシピ2選

たべぷろ

×

枝豆は大豆が熟する前の未熟果なので、豆と野菜、両方の良さを持っています。たんぱく質、ビタミンB1、B2、カルシウム、カリウム、鉄、亜鉛、食物繊維、レシチン、大豆にはないビタミンA・Cも。また、枝豆のたんぱく質にはアミノ酸のメチオニンが。

枝豆をおいしく食べるコツは

9月までは、産地をリレーしてさまざまな品種が登場するので、ぜひ食べ比べを。新潟産茶豆は、実入り7~8割の頃の香りが一番高いです。ふくよかな山形のだだちゃ豆は甘みを楽しみたいですね。

ゆでる時は、ハサミでさやの端をカットすると塩味がしみこみやすいです。多めの塩でよくもみ、うぶ毛を落としてしばらくおいてからゆでるのがコツ。ザル上げ後の粗熱でもやわらかくなってしまうので、うちわや扇風機を使って食感をキープしてくださいね。

枝豆クイズ

<Q1>鮮度の良い枝豆はどれ?
A:うぶ毛が少ないツルッとしたもの
B:うぶ毛が濃く生えているもの
C:さやが乾燥しているもの

<Q2>枝豆の最適なゆで時間は?
A:4分
B:6分
C:8分

広告の後にも続きます

<Q3>枝豆が分解を促す成分は?
A:たんぱく質
B:脂質
C:アルコール

※答えは文末

彩り野菜の麻婆カレー

【材料】(2~3人分)
「麻婆豆腐の素」「トロミ粉」 各1回分
ごはん 500g
豚バラ肉(薄切り) 100g
なす 中1/2個
パプリカ(赤) 中1/2個
しめじ 1/2パック
枝豆(塩ゆで) 適量
カレー粉 小さじ1

【作り方】
〈下ごしらえ〉豚バラ肉は5cmの長さに切る。なす、パプリカは一口大の乱切り、しめじは石づきを取って小房に分ける。枝豆はさやをむく。「トロミ粉」は50mlの水で溶き、トロミ粉液をつくる。

フライパンに油大さじ1を入れ、中火で肉・なす・赤パプリカ・しめじの順に炒める。 全体に火が通ったら、「麻婆豆腐の素」(1回分)と水1カップを加えてよく混ぜ合わせ、煮立ったらフタをして5分ほど煮込む。 いったん火を止め、トロミ粉液をよくかき混ぜてから全体に少しずつ回しかけ、よく混ぜ合わせたらカレー粉を加え、さらに混ぜ合わせる。 再度火をつけ、枝豆を入れてひと煮立ちしたらごはんにかける。
レシピ:丸美屋

ガツンとスパイシー!ペッパー枝豆

旬の枝豆、塩味で楽しむのが定番ですが、ゆでた半分で、こんなアレンジはいかが? ビールにも白ワインにもぴったり。早く仕事が終わった日に、ガツンとスパイシー。ちょっと刺激的な枝豆です。こんなおつまみがあったらビアガーデン気分になりますね♪

【材料】(2人分)
枝豆 100g
ごま油 大さじ1
「S&B 本生生にんにく」 小さじ1/2
「S&B ブラックペッパー(あらびき)」 小さじ1
塩 少々

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル