top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

蓮沼執太フィル、xiangyuをフィーチャーした新曲「呼応」をリリース!J-WAVE『RADIO DONUTS』で先行ラジオオンエア

Qetic

国内外の公演、映画、演劇、CM、楽曲プロデュースと多分野で活動する蓮沼執太を筆頭に、多彩な総勢15名の音楽家たちが一堂に集結した“現代版フィルハーモニック・ポップ・オーケストラ”こと蓮沼執太フィル。今回、その類まれなセンスで近年注目を集める気鋭シンガー、xiangyuをフィーチャーした新曲“呼応”を発表した。コロナ禍で制作され、数多くのライブで演奏されてきた曲がいよいよシングル化となった。

蓮沼執太フィル、xiangyuをフィーチャーした新曲「呼応」をシングル化

本作は、蓮沼執太フィルによる鮮やかなアンサンブルに、南アフリカ発祥のハウスミュージックのGqomをはじめ、テクノ、ベースミュージックを基礎に中毒性の高い作品をこれまで披露してきたアーティストのxiangyuによるラップとボーカルが呼応する楽曲だ。

アートワークにはアーティストのオードリー・フォンドゥカヴ平山昌尚が文通によって共作した作品のひとつが今作のジャケットに使用され、デザインを前田晃伸が担当した。また、明日8月6日(土)J-WAVE『RADIO DONUTS』(8:00 – 12:00)で“呼応”の先行ラジオオンエアが決定。産休中の山田玲奈の代役をxiangyuが務める初回の放送となり、xiangyu本人が楽曲を紹介する。一足早い音源O.A.をぜひお聞き逃しなく。

本日8月5日(金)から、“呼応”のPre-save,Pre-Addの事前予約もスタート。Spotify / DeezerのPre-save、Apple MusicのPre-addボタンをクリックすれば、自身のお気に入りまたはライブラリに予約登録され、配信初日に聴き逃がすことなく新曲を楽しむことができるのでぜひチェックしてほしい。

「呼応」との出会いは、初めて蓮沼フィルのライブに誘ってもらった暑い夏の日。 ちょうど絶賛コロナ禍で、どこにも行けず、家か近所を散歩ばかりしていた。 カラスの鳴き声だけの路地、いつもと変わらず寝ている猫、外灯もずっとうつむきがちで人のいない道を照らし続けている。 そんな日常の「生きてる」シーンがこの楽曲と呼応していると感じて、ラップにしました。 大事に大事に育てられた作品に参加できてとてもうれしいです。 ぜひお楽しみください。

xiangyu

RELEASE INFORMATION

呼応

広告の後にも続きます

2022年8月12日(金)

蓮沼執太フィル,xiangyu

作詞:蓮沼執太、xiangyu

作曲:蓮沼執太

蓮沼執太(Vocal, Rhodes Chroma, Piano, Prophet-6)

石塚周太(Electric Guitar)

  • 1
  • 2