top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

第96回アカデミー賞®で2部門を受賞、ジョナサン・グレイザー監督の最新作『関心領域』5月24日(金)より全国公開|A24が製作、アウシュビッツ収容所の隣の家族を描く

Qetic

A24製作、ジョナサン・グレイザー監督の最新作『関心領域』が5月24日(金)より新宿ピカデリー、TOHOシネマズ シャンテ他にて全国公開される。

ジャミロクワイ「Virtual Insanity」のMVなどを手掛けたジョナサン・グレイザーが監督

ジャミロクワイVirtual Insanity”、ブラーThe Universal”のMVなどを手掛けた英国きっての映像作家であり、近年では『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』(13)など映画界でも類稀なる才能を発揮しているジョナサン・グレイザー監督が、マーティン・エイミスの同名小説を原案に10年もの歳月をかけて映画化した『関心領域』。

本作は映画スタジオ・A24が製作を務め、初お披露目となった第76回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞して以来、トロント映画批評家協会賞、ロサンゼルス映画批評家協会賞、全米映画批評家協会賞など各地の映画賞を続々受賞し、第81回ゴールデングローブ賞では作品賞(ドラマ部門)ほか3部門にノミネート。第77回英国アカデミー賞では英国作品賞、外国語映画賞、音響賞を受賞している。さらには第96回アカデミー賞®にて、本作が国際長編映画賞&音響賞の2部門を受賞、各所から大絶賛の声が上がっている。

原題でもある「The Zone of Interest(関心領域)」とは、第二次世界大戦中、ナチス親衛隊がポーランド・オシフィエンチム郊外にあるアウシュビッツ強制収容所群を取り囲む40平方キロメートルの地域を表現するために使った言葉。映画では、アウシュビッツ強制収容所と壁一枚隔てた屋敷に住む収容所の所長とその家族の暮らしが描かれる。グレイザー監督とは2度目のタッグとなるミカチューことミカ・レヴィが音楽を担当し、サウンド・デザインは数々の話題作でサウンドスケープを作り上げてきたジョニー・バーン。今年度のアカデミーでも圧倒的な鳴りで音響賞を獲得した一作だ。ぜひスクリーンの前で、どっぷりと世界観に没入していただきたい。

アカデミー賞2冠 5/24公開『関心領域』予告編

INFORMATION

関心領域

5月24日(金)より新宿ピカデリー、TOHO シネマズ シャンテほか全国公開

【配給】ハピネットファントム・スタジオ

広告の後にも続きます

©Two Wolves Films Limited, Extreme Emotions BIS Limited, Soft Money LLC and Channel Four Television Corporation 2023. All Rights Reserved.

  

監督・脚本:ジョナサン・グレイザー

原作:マーティン・エイミス

撮影監督:ウカシュ・ジャル

音楽:ミカ・レヴィ

出演:クリスティアン・フリーデル、ザンドラ・ヒュラー

配給:ハピネットファントム・スタジオ

  • 1
  • 2