top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

バンドの楽しさや痛快さを教えてくれる|サバシスター × ギブソン特別インタビュー

Qetic

今年1月にPIZZA OF DEATHとのマネージメント契約およびポニーキャニオンからのメジャーデビューを発表し、「サバの日」にあたる3月8日に1stアルバム『覚悟を決めろ!』をリリースしたサバシスター。フレッシュでポップ、それでいてパンク譲りの反骨精神も感じさせる『覚悟を決めろ!』の14曲は、DTMをベースにしたソロアーティストの活躍が目立つ2020年代において、バンドの楽しさや痛快さをもう一度世の中に知らしめるものであり、なち、るみなす、GKの3人が活動開始からわずか2年で躍進を遂げた理由を雄弁に物語っている。今回、彼女たちがなぜ楽器に魅せられたのかについて聞くとともに、それぞれが進化を遂げてリリースされたニューアルバムについても語ってもらった。

INTERVIEW:サバシスター

メンバーを支える 自分が一番テンションの上がる楽器

──まずは、現在演奏している楽器を始めた経緯を教えてください。なちさんは小さい頃からピアノやギターを触ってはいたけど、バンドでギターを弾きながら歌うことを強く意識したのは、横山健さんを「HEY!HEY!NEO!」で観たときだったそうですね。

なち:音楽を聴いたり、歌ったりするのも好きだったし、ピアノを習ったりもしていたのですが、テレビで健さんを観たときに、それぞれのパートの楽器があって、それが合わさって構成される「バンド」というものを改めて認識しました。その中でギターを弾きながら歌を歌うことがかっこいいなと思ったんです。

──るみなすさんは中学生の途中で部活をやめて、母親から塾か習い事に通うことを促され、ギターレッスンを選択したそうですね。

るみなす:それまで吹奏楽部でホルンを吹いていたのですが、1年の終わりに辞めて。ずっとアニメオタクだったんですけど、そのときは「けいおん!」がすごく好きで、ギターをやってみたいなと思っていました。塾には行きたくなかったので、「ギターをやりたい」と母に相談したのが始まりです。「けいおん!」の中でもリードギターの中野梓ちゃんが特に好きで、ツインテールを真似したり、初めて買ったギターも中野梓ちゃんと同じギターでしたね。

広告の後にも続きます

──GKさんは小さい頃からクラシック育ちで、ピアノやバイオリンをやっていたけど、小学生のときに「太鼓の達人」にハマったのをきっかけに、中学生からドラムを習い始めたそうですね。

GK:もともとは母の勧めで、姉と一緒にバイオリンとピアノを習っていました。結局ピアノは3歳から高3まで続けて、ドラムは自分からやりたいと言って始めたんです。中学生のときはバンドというものをそこまで意識していなくて、毎週日曜日に1人でレッスンに行く程度でした。でも、高校生のときに違うクラスの子から、「ドラムやってるんでしょ?一緒にバンド組もうよ」と誘われて、そこからさまざまな曲をコピーするようになり、バンドにハマっていった感じですね。

──なちさんとるみなすさんが現在使っているギブソンのギターについて教えてください。なちさんが使っているES-335は横山健さんから借りているものだそうですね。

なち:ES-335は立っても座っても弾きやすいので、お借りしてからギターに触る機会が増えました。最初、ギターをどれにしようか迷っていたときに、健さんから「自分が一番テンション上がるものを持っていればそれでいいんだよ」と言われたんです。機材のことはあまり詳しくないので、「憧れの人のギターを借りている」ということもそうだし、色や見た目がかっこいいと思うものを自分で選んで、それを演奏することが一番大事だなと思い、今はES-335に支えられている感じがします。

(左)Custom Shop ES-335 Dot Gloss Faded Cherry/なちさん愛用ギター (右)USA ES-335 Figured Iced Tea/現行モデル

──るみなすさんはなぜSGを選んだのでしょうか?

  • 1
  • 2