top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

スロットルボディの洗浄や交換はなぜ必要?清掃・交換方法と費用まとめ

MOBY

スロットルボディとは?仕組みと構造

スロットルバルブ
©Орлов Александр/stock.adobe.com

エンジンルームを開けると、エアクリーナー近くにスロットルボディと呼ばれる部品があります。その部品が車を動かすためにどのような役割があるのか、どのような仕組みなのかをご紹介します。

まずは、スロットルボディ単体の説明ではわかりにくいので関連部品と併せてご説明します。

エンジン作動とスロットルボディの関係

エンジンは、燃焼室で燃料を燃焼させることで、ピストンを動かし車の動力源としています。エンジンを動かすためには「燃料」「火花」「空気(酸素)」が必要となります。

スロットルボディは、エンジンに取り込む空気量をコントロールする部品です。この部品により空気量を調整し、エンジンの回転数を制御しています。空気量を多く取り込むと、その空気量に応じて適当な燃料噴射量を噴くので爆発力が大きくなり車は加速します。

逆に、空気量が少ないと燃料噴射量も少なく、小さなパワーしか生み出さないということになります。

広告の後にも続きます

また、スロットルボディの開閉はドライバーのアクセルの踏みこみと連動しており、アクセルを思い切り踏み込むとスロットルボディの開度は大きくなり空気量を多く取り込みます。

加速・減速はドライバーの意思であり、それによりスロットルボディの開度が変わり、エンジンパワーの大きさも変わるという流れで車は動いています。

スロットルボディの仕組み

スロットルボディは、円形のバタフライバルブ構造になっています。大抵の車において、エアクリーナーとエンジンの間に取り付けられており、目視できるサイズなので比較的簡単に見つけることができます。

従来のスロットルボディは、バルブの開閉は機械的にアクセルペダルと繋がっているという単純な仕組みでした。しかし現在は、電子式(DBW:ドライブ・バイ・ワイヤ)の採用が一般的です。

DBWの採用が一般的になった理由とは

機械式から電子式に移行した理由は、アイドリング中の空気調整に問題があったからです。

DBWはアイドリング時、アクセルを踏まなくても自動的にバルブの開きを調整し、適度な空気量を吸入してくれますが、機械式の車の場合はアクセルを踏まないとバルブが閉じてしまうので空気を吸入できません。空気が吸入できなければエンジンは止まってしまいます。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル